十角館の殺人 Jukkakukan no Satsujin -綾辻行人 Yukito Ayatsuji-

綾辻行人さんのデビュー作「十角館の殺人」を読んで一言。オープンな空間で展開されるクローズな密室殺人。誰が犯人なのか?というよりは、犯人が誰なのか?

-十角館の殺人 綾辻行人-


綾辻行人さんのデビュー作「十角館の殺人」。

普通、密室殺人といえばクローズ空間が一般的ですが、
この作品ではオープンな空間の中で行われる密室殺人、という一風変わったシチュエーションが読んでいる側に新鮮さを与えてくれていたように感じました。

また、最初から犯人のめぼしがつく状態で読み進めていくので、
誰が犯人なのか?というよりは、犯人が誰なのか?
ということを意識して読んでしまう、そんな物語でした。
(これは、読んでみると言っている意味がわかると思います。)

推理小説好きな登場人物になぞらえ、とある有名な推理小説になぞられながらも別の結末を迎えるので推理小説好きな人でも楽しめる作品だと思います。