博士の愛した数式 The Housekeeper and the Professor -小川洋子 Yoko Ogawa-

小川洋子さん著の「博士の愛した数式」を読んで一言。ミュニケーションツールとして成り立つ数式、80分でリセットし繰り返される人間関係。その中で、それでも育まれていく人間関係と、子供の成長。その中で様々な人の愛し方を感じる事が出来る心温まる作品。

博士の愛した数式 -小川洋子-

以前に映画で見た、「博士の愛した数式」
80分しか記憶が持たない博士と、そこにやってきた家政婦母子との物語。

きっちり数式が出てきます、難しい言葉も出てきます。
でも、読み終わって受ける印象は、暖かさです。

コミュニケーションツールとして成り立つ数式、80分でリセットし繰り返される人間関係。
その中で、それでも育まれていく人間関係と、子供の成長。

その中で様々な人の愛し方を感じる事が出来る心温まる作品でした。

博士の愛した数式、それはきっと愛した数式に数式を通じて伝わったのだとそう感じます。