投資詐欺撲滅委員会 ー投資詐欺の見分け方 その11 タダより高いものは無い!?ー

世の中にはたくさんの投資案件があって、もちろんいい案件もあれば詐欺的な案件もあるし、実際に詐欺案件も多い。

僕がつながりのある投資詐欺撲滅委員会でも日々
・すすめられた投資案件が大丈夫なのか?
・すでにやっている投資案件は続けていても大丈夫なのだろうか?
など、クライアントからの様々な不安や、疑問、相談に対して調査を行い、絶大なる支持を得ている。

そんな投資詐欺撲滅委員会に寄せられた相談を元に、詐欺の手口、特徴等実例も踏まえながら投資詐欺の見分け方を勉強していきたいと思う。

今回は、無料とか、タダで受けられるサービスは本質的にはない、という話。

無料って聞くと心が踊る感覚がありませんか?

何をするにしてもお金と交換しなければならない今の世の中で、こちらから差し出すものなく向こうからモノやサービスを受ける事が出来る。
こんなにうれしいことはないかもしれません。

しかし、多くの人が知っているように無料であんなにサンプル品を配っているあの企業の年度末決算の損益計算書の収入と支出は一致します。
無料で相談に乗ってくれる「○○の窓口」の窓口のあの人は、無料で相談を乗っていても生活することができるのです。

そう、あなたが目の前にいる人から受け取っている無料のモノやサービスは、他のどこかで必ずその価値が転換されているのです。

サンプル代は、製品代に上乗せされています(結局、消費者が広告宣伝費を払ってるんですよね)。
賃貸マンションの管理人やコンシェルジュの人たちの給料は、管理費や賃料として僕たちが支払っています。
クレジットカード会社が招待してくれる無料のイベントは、年会費に転嫁されています。
みんな大好きポイントシステムは、そのまま製品代の値上げにつながります(個人情報を収集されているのに)。

一方、これとは本質的に違う”無料”もあります。
例えば、不動産仲介の仲介手数料は、仲介をしてもらわなければ”無料”なのです。

この”無料”は転換ではなく、割引と表現できると僕は考えていますが、
この手の無料については、その分のモノやサービスをどこかに転換するという事になります。(僕のイメージですが)

例えば、不動産仲介であれば、
・仲介してもらわない自分は、管理会社との契約交渉一切を自分でやる事になります。
・一方、仲介しなかった業者は、その分を稼ぐために時間と労力を他の顧客へと転換させます。

ちなみに、
不動産業界は、収入として得られる手数料を法律で明記するように定められています。
一方保険業界はそれを明記する必要がありません。(だから、”無料”相談ができるのです)

ここで、本題に少し戻しますが、投資において手数料は利回りを考えるうえで重要なファクターです。

利回り10%で手数料6%の投資と、利回り5%で手数料1%の投資であれば、グロスの利回りは倍違いますが、ネットの利回りは同じです。
むしろ、グロスの利回りが倍な分、前者のほうがリスクが高いと言えるでしょう。

よって、”手数料無料”もしくは”手数料が他よりも低い”をうたいながら商品を勧めてくるブローカーがいてもおかしくありません。
しかし、本質的に手数料無料という事はあり得ないのです(では、一体彼らは何で食べていくのでしょう?)し、
また、一定以上のサービスを提供するためには、少なくともそこにかける人件費等の費用は必ず掛かるはずなのです。

もちろん、売り切りで完了してしまうモノであれば、手数料は少ない方がいいでしょうが、
投資商品は売り切りごめんでは困ります。

手数料は少ないに越したことはないですが、手数料の低さをうたう商品については、なぜ手数料が低いのか?を問うてみるのも良いかもしれませんね。

ちなみにNISAは、100万円という小枠に限りキャピタルゲインの税金を5年内の売買分に限り無料にしますよ、という制度なのです。
つまり、これにだって何かしらの意図があって無料にしているわけです。


投資詐欺撲滅委員会 ー投資詐欺の見分け方 その10 固定利回り保証ー

世の中にはたくさんの投資案件があって、もちろんいい案件もあれば詐欺的な案件もあるし、実際に詐欺案件も多い。

僕がつながりのある投資詐欺撲滅委員会でも日々
・すすめられた投資案件が大丈夫なのか?
・すでにやっている投資案件は続けていても大丈夫なのだろうか?
など、クライアントからの様々な不安や、疑問、相談に対して調査を行い、絶大なる支持を得ている。

そんな投資詐欺撲滅委員会に寄せられた相談を元に、詐欺の手口、特徴等実例も踏まえながら投資詐欺の見分け方を勉強していきたいと思う。

今回は、固定利回り保証の投資案件について。

誰もが聞いた事がありますし、投資してみたいと思いますよね、「利回り5%固定保証します!」って言われたら。

でも待ってください。

世の中で”利回りが固定なもの”、あなたはいくつ挙げられますか?

‥‥

僕は、生命保険の学資保険、銀行の定期預金、パッと挙げるとするとそれくらいですかね。
後、逆に住宅ローンの固定金利くらいでしょうか。

意外と多くないんですよね、利回りを保証している金融商品って。
生命保険だって、支払う保険料総額によって利回りは変動しますし、あの預貯金だって金融機関が自由に決める事が出来ます。

なのに、何故か僕たちは「利回りを月利1%保証します。」って言われると心が動いてしまうのです。

人間とは何とも強欲かつ臆病な生き物です。
臆病なので固定利回りに安心し、高い利回り数字に心が動いてしまうのです。

固定利回りだというのなら、その利回りを保証する根拠を確認しましょう。

例えば、
10%の利息で企業にお金を貸して、そのうち5%を手数料としてひいて5%があなたの取り分です、と言われたら理屈上は成り立ちます。
(このケースは、別の問題が発生してしまいますが)

実例を僕の記憶の中で挙げるなら、MRIインターナショナル社が運用資金の大半を実は既に消失してしまっていたという話。

この業者も関東財務局に金融商品取引業者として登録して活動をしていました。

取扱商品は、アメリカの医療機関が保険会社に診療報酬を請求する権利(診療報酬請求債権)などを買い取って回収する「MARS投資」というファクタリング事業運用で、元本確保型(元本保証ではなく)で運用額に応じて年利6.0〜8.5%での運用が可能であると宣伝していました(インターネットのバナー広告でよく見かけてました)。

結局、この債券も大きな変動はないものの安定しているわけでもなく、さらにこれほど高利回りな訳が無いのです。

しかも運用について「独自ノウハウで、、、」として投資家からみて運用の実態が全くわからない構造になっていました。

ちなみに、この案件は日本支店の従業員の方々も投資をされていたそうで、前に記事にした事例にも当てはまるわけです。
更には当局に登録している業者であっても安心出来ないという事例にも当てはまり。。。

説明を聞いて、あなたが納得したならば自己責任で投資すればいいと思いますが、基本的に高い固定利回りをうたう商品に僕は投資したいと思いません。


投資詐欺撲滅委員会 ー投資詐欺の見分け方 その9 運用の透明性ー

世の中にはたくさんの投資案件があって、もちろんいい案件もあれば詐欺的な案件もあるし、実際に詐欺案件も多い。

僕がつながりのある投資詐欺撲滅委員会でも日々
・すすめられた投資案件が大丈夫なのか?
・すでにやっている投資案件は続けていても大丈夫なのだろうか?
など、クライアントからの様々な不安や、疑問、相談に対して調査を行い、絶大なる支持を得ている。

そんな投資詐欺撲滅委員会に寄せられた相談を元に、詐欺の手口、特徴等実例も踏まえながら見分け方を勉強していきたいと思う。

今回は、運用の透明性について一言。

何故投資案件と言えば怪しいと感じるのか?について考えていましたが、やはり運用についての透明性であったり、その運用を自分自身が理解出来るか否か、が重要なポイントだと思うわけです。

例えば、株式投資で言えば本来非常に透明性が高い投資です。
企業が利益を上げる為に頑張った結果が、P/Lとなって数字で現れ、それに対して株価が追従する。
会社の業績が良ければ株価が上がり、悪ければ下がる。それを投資家は日々の会社からの情報発信で確認出来ます。

例えば、住宅による不動産投資。
人が住んでいて、家賃を振り込んでもらえれば収入が入ってきますし、夜逃げされれば損失が出ますし、家が壊れれば収入が止まります。
非常に明快です。

例えば、FX。
一部業者でスリッページがあるものの、大枠で見れば世界共通の為替相場に自分自身でポジションを構築していくので完結明瞭です。

投資信託も、信託しているが故に日々の運用についてはあまりはっきりわからない部分もありますが、それでも1年に1回はファクトシートによって、その年の運用について詳細に説明がされるわけです。

ところが、詐欺案件になるとこの透明性がとたんに濁ります。
むしろ、真っ黒だったりします。

それを何かしらの言い訳でカバーするのです。
それが、
・有名人等をCMに起用する
・社会性を前面に押し出す
・独自ノウハウとそれらしく言う
など、様々。

もちろん、全ての詐欺案件が運用がブラックボックスになっているというわけではなく、それらしく見せているものもありますが、運用の透明性というのは投資家にとっては重要な要素のひとつといえるでしょう。

僕も、大体このブラックボックス案件に毎度頭を悩ませているわけです。


投資詐欺撲滅委員会 ー投資詐欺の見分け方 その8 元本保証と元本確保の違いー

世の中にはたくさんの投資案件があって、もちろんいい案件もあれば詐欺的な案件もあるし、実際に詐欺案件も多い。

僕がつながりのある投資詐欺撲滅委員会でも日々
・すすめられた投資案件が大丈夫なのか?
・すでにやっている投資案件は続けていても大丈夫なのだろうか?
など、クライアントからの様々な不安や、疑問、相談に対して調査を行い、絶大なる支持を得ている。

そんな投資詐欺撲滅委員会に寄せられた相談を元に、詐欺の手口、特徴等実例も踏まえながら投資詐欺の見分け方を勉強していきたいと思う。

今回は、元本保証と元本確保の違いについて。

これもよく聞く怪しい話の典型ですね。

「元本保証で○○%の利回りをお約束します!」的なヤツ。
一発で詐欺か、怪しいやるべきではない投資だと判断出来ます。

そもそも、「元本保証」とは出資法により、銀行、郵便局、信用金庫、信用組合など限られた業者以外に使用することが禁止されているんです。
なので、巷に出回る金融商品が元本を保証することはありません。
そして、元本を保証されている商品といえば「預金」が直に浮かぶと思いますが、利回り低いですよね。
元本保証の商品は、”一応”ノーリスク、”超”ローリターンです。

さて、皆さんもご存知のとおり、2008年に世界を揺るがしましたサブプライムローンから端を発した金融危機の後、世の中は変わりました。
あの事件の後、金融機関でさえも「元本保証」をする商品を減らし、変わりに増えてきたのが「元本確保」型の金融商品です(誤解の無いよう、元本保証の変わりではなく、元々元本確保は存在していて、元本確保が増えて来たという事)。

元本確保とは、満期に最低限元本を払い戻せる方針のもとに運用されている金融商品のことです。

つまり、元本は保証しないけど、確保出来るような投資運用をしますよ、という商品です。
プライベートバンクの金融商品なんかはよくこの元本確保型で運用されてます。

ピンと来ない人の為に具体的にいうと、、、
100預かったうちの90は安全性の高い商品で運用し、残りの10でハイリスク・ハイリターンの資産運用商品で運用します。10の部分が仮に0になったとしても、満期時には90の運用部分で100までカバーするという仕組みです。

両者を図で書くと
元本保証と元本確保
こんな感じ。

もちろん、元本確保型でも相応のリスクはありますが、元本保証型の商品に投資をして詐欺に合うリスクよりはローリスクハイリターンでしょうね。


投資詐欺撲滅委員会 ー投資詐欺の見分け方 その7 あなたが契約する相手は危険か否か。本質を見極めるー

世の中にはたくさんの投資案件があって、もちろんいい案件もあれば詐欺的な案件もあるし、実際に詐欺案件も多い。

僕がつながりのある投資詐欺撲滅委員会でも日々
・すすめられた投資案件が大丈夫なのか?
・すでにやっている投資案件は続けていても大丈夫なのだろうか?
など、クライアントからの様々な不安や、疑問、相談に対して調査を行い、絶大なる支持を得ている。

そんな投資詐欺撲滅委員会に寄せられた相談を元に、詐欺の手口、特徴等実例も踏まえながら投資詐欺の見分け方を勉強していきたいと思う。

今回は、何が危険、怪しいのか、そして何は怪しくないのか?の本質を見極めよう、特にあなたが契約する相手についてよく見極めよう。という話。

これが出来れば理屈上詐欺に引っかかりませんから、非常に難しい事です。僕も今でもよくひっかかります(笑)
なので今日は、一例を挙げたいと思っています。

僕から情報を提供されている皆様(このサイトを含む)にはもうおなじみ?の海外保険会社の積立金融商品ですが、

オフショア生命保険への契約は日本の法律上違法なのか?という議論について
HSBC香港 日本人の口座開設を受理しなくなる!?
去年から外資系金融機関撤退の悲報続きの日本金融市場について思う事

現在日本人に向けて情報が提供されている中でメインプロバイダーといえば、英国No1保険会社のスタンダードライフ(SL)、マン島に籍を置くロイヤルロンドン(RL)の2社、そして生命保険という意識でいる限り決しておススメするものではありませんがインベスターズトラスト(ITA)に、コーンヒルなどが挙げられます。

スタンダードライフは英国で1番の生命保険会社で、Fortune500にも常連で載ってくるような一流の会社ですし、
ロイヤルロンドンが籍を置くマン島は、万が一会社が倒産しても政府がその時価の最大90%までを保障してくれるという場所だが、そもそも財務体質やコンプライアンスを厳しく審査し、およそ倒産しそうにない会社にしか登記は認めていない。世界でも生命保険会社はたった19社しか登記されておらず、ロイヤルロンドンはその1社であり、世界的に見れば十分信頼のおける会社です。

このようなプロバイダーたちを差し置いて数年前まで日本で圧倒的なシェアをとっていた会社が「フレンズプロビデント(FPI)」です。
説明の必要も無いかと思いますが、
・ロンドン市場に上場している
・1832年創業の歴史ある会社
・世界ではメジャー企業
・審査基準が厳しいマン島に会社を置いている
と、もちろん金融会社として全く問題のない企業といえるでしょう。

しかし、この会社の名前を今日本で聞く事はほとんどありません。
というのも既にお伝えの通り数年前に日本人からの新規契約を一切受け付けなくなったからです。

それは何故か?

一言でいうなら、”日本人のお行儀が悪かった”という事です。

その原因は色々ありますが、そのひとつにこの会社情報を提供していた一部の組織がこの契約を商品としてねずみ講(ネットワークビジネス)として、商品説明をきっちりせずに契約をとり、アフターフォローもせず苦情や早期解約が多くなってしまった事が挙げられます。

この事例は、契約する会社自体は全く問題なかったのに仲介している人達が問題であった、という典型例ですね。

かくいう僕自身も、フレンズプロビデントは、

オフショアブリッジコンサルティング
こちらの方もWeb検索で出てきます。

このウェブで検索すると詐欺とか出てくる会社等複数社から薦められていましたが、結局契約せずに終わっており、知識をつけた今は、フレンズプロビデント自体は問題ない会社なので契約しておけば良かったと後悔している次第です。

不動産投資を薦めてくる営業マンの所属する会社は怪しくても、不動産という商品自体は怪しくありません。
金の先物投資を薦めてくる営業マンの会社は怪しくても、金の先物投資という商品自体は怪しくないのです。
それは、生命保険の代理店は今日初めて会ったけど、紹介してくれる生命保険会社は信用出来るという事と一緒なのです。

もちろん、仲介業者も信頼出来る事に越した事はありませんが、
あなたと契約するのは誰なのか?
をきっちり把握しましょう。そうすれば、闇雲に怪しむ必要もなくなります。

もちろん怪しいモノには手を出さないのがリスク回避としては正解ですが、僕はある程度リスクを取りに行くので今回のような点も意識するようにしています。


投資詐欺撲滅委員会 ー投資詐欺の見分け方 その6 金融庁届出、ライセンス保持している業者か?ー

世の中にはたくさんの投資案件があって、もちろんいい案件もあれば詐欺的な案件もあるし、実際に詐欺案件も多い。

僕がつながりのある投資詐欺撲滅委員会でも日々
・すすめられた投資案件が大丈夫なのか?
・すでにやっている投資案件は続けていても大丈夫なのだろうか?
など、クライアントからの様々な不安や、疑問、相談に対して調査を行い、絶大なる支持を得ている。

そんな投資詐欺撲滅委員会に寄せられた相談を元に、詐欺の手口、特徴等実例も踏まえながら投資詐欺の見分け方を勉強していきたいと思う。

今回は、金融庁に届出をしていたり、ライセンス保持をしている業者なのかどうなのか?というチェックポイントについて。

例えば匿名組合による私募ファンド等で顧客から出資金を募る場合、金融庁管轄の財務局に届出を出さなければ日本国内においてビジネス展開をしてはいけない事になっています。

適格機関投資家等特例業者等リスト

その他、日本国内において金融機関として届出のある業者リスト

海外においてももちろん同じように金融商品を取り扱う為にはライセンスが必要です。

例えば、一番近い金融セクターである香港では、SFC(SECURITIES AND FUTURES COMMISSION【証券取引委員会】)というライセンスを保持しているか否かが問われます。

余談ですが、このライセンスは細かくわけると、
TYPE 1 株式取引(Dealing in securities)
TYPE 2 先物取引(Dealing in futures contracts)
TYPE 3 FX(Leveraged foreign exchange trading)
TYPE 4 アドバイザー(投資顧問)(Advising on securities)
TYPE 5 先物へのアドバイス(投資顧問)(Advising on futures contracts)
TYPE 6 法人財務へのアドバイス(投資顧問)(Advising on corporate finance)
TYPE 7 トレーディングサービス提供(Providing automated trading services)
TYPE 8 証券ローン(Securities margin financing)
TYPE 9 資産管理(Asset management)
こんな風に分かれているようです。

もちろん、業態によって(ファンドを組成しているのか、仲介だけなのか、情報提供だけなのか等)届出が必要不要があるのですが、少なくとも日本において自社で出資金を集める事をしているのであれば、届出が必要な場合がほとんどですのでこの基準を意識しておけば、まずはひとつ安心出来るのではないでしょうか。

ただ、届出を出しているからといって、100%安心かといえばそうでもないというのが残念ながら実情です。

これも僕自身の経験から来るモノですが、
関東財務局登録(当時)をしていたWith Asset Management社から投資案件のお誘いをいただいていました。
With Asset Management

これも、友達のつながりで友達になった人でした。

当時その人も自分で同社の投資案件に投資をしながら営業をしている人で、案件内容は月1%の利回りをFX取引によって実現する私募ファンドでした。
これは正直かなり揺れました。当時からFXはやっていましたので、僅か1%の変動など日常茶飯事である事も理解出来ていましたし、一口30万円からとかなり低額なお小遣いで始められるのも魅力でした。

しかし、寸での所で僕を止めたのは、当時別のルートで手に入れたFX自動売買ソフトで結構勉強代を支払っていてFXに嫌気がさしていたのと、本能的なものだけだったと思います。

数千万円の入金明細を提示されながら、営業マンとしてスカウトもされていて、ちょっといいなぁと思っていたものです。。。

で、この会社の結末は以下の通り。
関東財務局からWith Asset Management社に出された行政処分ページ

実態として適切な運用がされておらず、なおかつそれがわかっていながら勧誘を続けていたとして登録抹消されました。
ほんと、関わらなくてよかったですが、顧客がわからしたら内部がそんな事になっているなんて事は全くわからないわけです。

ここ最近、多くの年金基金の運用会社が実態として資金を溶かす事件が多発していますが、それも同じ事です。

見分け方として紹介しておきながらこう言うのもなんですが、出資金を募集して運用する会社として登録業者であるという事は、最低ラインだ、という認識で自己防衛しましょう。


投資詐欺撲滅委員会 -投資詐欺の見分け方 その5 いい人、知人友人=詐欺ではない、ではない-

世の中にはたくさんの投資案件があって、もちろんいい案件もあれば詐欺的な案件もあるし、実際に詐欺案件も多い。

僕がつながりのある投資詐欺撲滅委員会でも日々
・すすめられた投資案件が大丈夫なのか?
・すでにやっている投資案件は続けていても大丈夫なのだろうか?
など、クライアントからの様々な不安や、疑問、相談に対して調査を行い、絶大なる支持を得ている。

そんな投資詐欺撲滅委員会に寄せられた相談を元に、詐欺の手口、特徴等実例も踏まえながら投資詐欺の見分け方を勉強していきたいと思う。

今回は、いい人や友人知人から紹介されたから詐欺ではない、という事はないというお話を実体験を踏まえて。

皆さんは、常に何かしら誰かしらから営業を受けながら日々の生活を送っています。
営業してくる人は様々です。

非常に怪しい人や高圧的な人など、つまりは嫌な人であれば、僕たちは斜めに構えて警戒し、安易にYesという事はないでしょう。

逆に、友人知人や、いい人から勧めてもらったものはどうも警戒を緩くしがちです。
しかし、そこには大きな落とし穴があるというお話です。

数年前、僕が東京に出てきた頃から仲良くしている女の子がいました。
とっても可愛くて真面目で、毎回会うのを楽しみにしていました。しかし、今はもう連絡を取る事すらできません。

それは何故か?

出会ってから2年位が経ったある時、彼女が嬉しそうに話してくれました。

「とても素敵な人に出会って、誰もが得をする金融商品を扱う仕事をすることにしたの」と。

でだらだら語っても仕方ないので紆余曲折あって、その素敵な人に僕も会いに行きました。
何故か、その時はお料理を振る舞ってもらって何人かでおいしくご飯を食べて帰りました。とあるタワーマンションでした。

確かにその素敵な人は、人物的にも素敵そうな人でした。

Quess Paraya
実際にもらった名刺

※名前は検索したら出てきますが、ここでは伏せておきます。

後日その金融商品の話も聞きました。
もう数年前の話なので細かくは覚えていませんが、理屈に合わないモノだったので余裕資金もなく出資することはしませんでした。

その後も、彼女とは近況報告を含めて何度か会っていましたが、ある時急に連絡が取れなくなったのです。

その理由はおそらく、これだと思います。
http://goo.gl/1m9xnk

このケースで言える事、たぶん彼女はこの金融商品が詐欺的なものだと思っていなかったでしょう。(そう信じたいという事も含めて)

何が言いたいかというと、あなたに対峙しているその人は自分が取り扱っている商品が詐欺(的)商品だと思っていない(知らない)可能性があるという事です。

そう、上層部だけが真実を知っていて、末端は本当に普通にビジネス展開をしている、というケースの詐欺被害は実はかなり多いのです。
この場合、末端の営業自体が素人である場合が多いのも特徴です。つまり、末端の人自体も被害者となるケース。そしてその末端の人、というのが友人知人だったり、いい人だったりするのです。

よくわからない商品を、よくわかっていない人からよくわからないうちに契約すると大体失敗します。
やはり、金融商品はプロからきっちり紹介を受け、納得してから契約するべきだという事です。

今にして思えば、彼女が楽しそうに嬉しそうに話をしているあの時に、もう少し嫌われることを覚悟して勇気をもって止めてあげればよかったと少し後悔しています。