Goロイズ海外送金サービス、Goレミット新生海外送金サービスに事業譲渡される

少し前ですが、Goロイズの海外送金サービスが、Goレミット新生海外送金サービスに変更すると連絡がありました。

これはロイズ銀行の東京支店が、新生銀行に事業譲渡された為です。

更に言うと、ロイズ・バンキング・グループは日本における個人向け銀行業務から撤退すると言う事も付け加えなくてはなりません。

昨年は、HSBCも日本法人を撤退、海外銀行の日本撤退は今後も加速してしまうのでしょうか。
残念でなりません。

さて、Goレミット新生海外送金サービスですが、引き続きGoロイズと同じくサービスを提供してくれるようです。

今後も必要に応じて、活用していきたいサービスです。


海外送金サービス SBIレミットに申し込みする

前回Goロイズの申し込み報告ブログで$10,000.-以下ならもっと手数料安いかも。。。
と書いた送金方法がこの「SBIレミット」です。

もちろん、申し込みました。

内容を確認しましたが、これは口座に送金するサービスではなく、
MoneyGram社という受け取り会社を通じて、
現地に現金を送金する(受け取る人がいる前提)サービスですね。

これはこれで使い道がある!
結局レートの問題ですが、例えば海外旅行に行く際、
クレジット決済がメインになると思いますが、それでも現金を持ちたいという場合ももちろんあります。
その際、日本円をどこで両替するか?ですが、銀行や、空港に比べて為替レートがお得に設定されているので、旅行先にMoneyGram社の窓口があるのであれば、お得になる場合が多そうです。

他には、海外留学中の子供への送金などでも、一般の銀行での為替レートよりもお得なので、
使い道はいろいろありそうですね。

ちなみに、楽天銀行にも海外送金サービスがありますが、こちらは法人向けなので、個人が利用する場合は、SBIレミットがよいです。


Goロイズ(Go Lloyds) ロイズ銀行海外送金サービス!(Goレミット新生海外送金サービス)

来ました、今月初めて登録したロイズ銀行の「Goロイズ」(海外送金サービス)の登録完了通知!

担当IFAの人も、いろんな書籍でも一番手数料が安くて、
送金日数もかからなくてお得だとおススメの送金手段がようやく整った感じです。

実際は、

FXの外貨両替ー>都市銀行等の外貨で海外送金可能な国内銀行ー>海外の口座

の方が、安い場合がありますので、為替と送金額で決めるのがいいかと思います。

Goロイズは円建てで振り込んだものをロイズ銀行のレートで変換して
手数料を安く、しかも翌日くらいに振り込んでもらえるサービスなので、外貨送金はできません。
(電話で確認済み。)

でも、送金額が少ない($10,000.-相当以下)であれば、
ほかにもう少しレートもよくって、手数料が安いサービスがありそう。。。

それは、調査中なので、また別途。

ー追記ー

Goロイズは東京支店の銀行業務を新生銀行へ2013年3月1日付で移管した事を機に、Goレミット新生海外送金サービスにサービス母体/名称が変わっています。