夏と花火と私の死体 Summer, Fireworks, and My Corpse ‐乙一 Otsuichi‐

乙一さん著の「夏と花火と私の死体」を読んで一言。無邪気さ故、軽快に読めるホラーサスペンス。

夏と花火と私の死体 ‐乙一‐


友達にオススメしていただいた、乙一さんが16歳にして書いた作品。
ものすごく読みやすくて、小説初心者の僕でも、今日の品川→浜松→品川の新幹線の中で読みきれました。

内容は、タイトルのまんま(笑)
でも、その描写がとても新鮮で、より一層作品の不思議さを演出しているように感じました。

無邪気な夏の想い出なのに、どこか大人びている感じでしたが、
無邪気さゆえに重くなく、軽快なホラーサスペンスでした。

しかし、そんなオチ!?