ゆれる Yureru ‐西川美和 Miwa Nishikawa‐

西川美和さん著の「ゆれる」を読んで一言。題名のとおり、登場人物全てが今までの自分と、ある事件をめぐった感情、状況の変化の間で揺れている。その心情と行動を繊細に描写した作品。

ゆれる ‐西川美和‐


映画「ゆれる」を友達から紹介してもらいましたが、
本でもあるということで、本を読みました。

ゆれる。。。橋の揺れると、人の心の揺れるをかけているのかな?

最近の小説映画の関係は、小説があって、映画化されるが多いと思いますが、
聞いたところ、これは映画を監督である著者が小説家されたとか。

 

その題名のとおり、登場人物全てが揺れています。今までの自分と、ある事件をめぐった感情、状況の変化の間で。

小説も面白いですが、映像だとどんな感じかも気になります。