瑠璃でもなく玻璃でもなく It is neither Boli nor Ruri ‐唯川恵 Kei Yuikawa‐

唯川恵さん著の「瑠璃でもなく玻璃でもなく」を読んで一言。恋とはどきどきはらはらするもの、愛とは安定を求めるもの。愛と恋は別なのです。と、いう事で完全に恋愛小説でございます。紹介されてなかったら完全に読んでないわ。

瑠璃でもなく玻璃でもなく ‐唯川恵‐


初めての恋愛小説。
恋とはどきどきはらはらするもの、愛とは安定を求めるもの。
そして、妻への愛は、家族への愛と同じ。
だから、恋と愛はべつもので、それは同時に存在しえるものである。

すごいですね、恋愛小説って自由やな~と思いました。
と、いうか恋愛が自由なのか。
と、いうよりもそもそも男女関係って、いろいろな形があるよねぇ。

恋愛小説をよく読む人は、こういう話をたくさん読むことで、
どんな気持ちになって、どんな風に消化するんだろう??
ぜひ教えてほしいものです。

ちなみに、個人的には恋愛女子トークは好きです。