探偵ガリレオ Detective Galileo ‐東野圭吾 Keigo Higashino‐

東野圭吾さん著の「探偵ガリレオ」を読んで一言。TVドラマ化された探偵ガリレオシリーズの一作目。理系ミステリーの定番的作品。

探偵ガリレオ ‐東野圭吾‐

大好きな「容疑者Xの献身」の、第一部作品?になるのか知らないですが、
ガリレオシリーズ。

短編が5つの構成でした、長編1話だと思っていたので、
虚を衝かれましたが、逆にすぐに読めて、面白かったです。

森博嗣さんの作品もそうですが、やっぱり理系ミステリーは面白いです。
主人公側、犯人側、逮捕、そしてトリックの謎解きという構成で、テンポもいいし、
逮捕された犯人がわかる前に自分で推測。
犯人がわかってからトリックの推理。
そして、答え合わせ。
と、自分で自分の推理を展開できるのがいい。

しかも短編なので、無駄な部分がなく、推理小説初心者の人でも楽しめる一冊だと思います。

ちなみに、湯川助教授は佐野四郎さんが、ある作品で実際に演じた役をイメージしてキャラクタライズされたらしいです、豆知識。


白銀ジャック Silver Jack -東野圭吾 Keigo Higashino-

東野圭吾さん著の「白銀ジャック」を読んで一言。雪山を舞台にした犯人との駆け引きがメインのサスペンス。東野さんのひねりによって、ミステリー好きでも楽しめそうな一冊。

白銀ジャック -東野圭吾-


ここ10年以上、雪山に行っていないあたしですが、
舞台は雪山。

いい意味で、非常に素直なサスペンスでした。
ミステリーのように、取り立てて謎があるわけでもなく、
犯人との駆け引きを楽しむ、そんな作品です。

 

その中に、さすが東野圭吾さんとでも言うべきひねりが加えられていて、
ミステリー小説が好きな人が読んでも十分満足を得ることができる作品だと思います。

2回目読み返してみると、それぞれがそれぞれの思惑で行動していた意味が
わかって、さらに深くこの作品を知ることができました。

こういう作品は、映像化しやすそうですね。


殺人の門 Gate of murder ‐東野圭吾 Keigo Higashino‐

東野圭吾さん著の「殺人の門」を読んで一言。「二人の男の友情の物語」とも言えるかもしれませんが、2人の男の長年にわたる人生のクロスポイントと、そこで生み出される一方の憎悪を描いた作品。

殺人の門 ‐東野圭吾‐


おどろおどろしい題名ですが、僕が感じた感想は
「二人の男の友情の物語」です。

一方は、裕福な家に生まれ、そして転落の人生を歩む中で、人を殺すということに魅了され、実行に移そうとするが、移せない・・・という人物。

もう一方は、貧乏な家に生まれ、そして成り上がっていく人生の中で、その徹底振りから、友人と呼べる人間はいないが、人に刺激を与え続けた人物。

この二人の人生は、遠いようで近く、そしてその因果は1年2年ではなく、20年ほど続く長い長いストーリー。
白夜行や、幻夜の主人公とその主人公を愛する男性のようなイメージがありました。

物語は裕福に生まれた方の視点で常に描かれていますが、
もう一方の人物はどういう気持ちや感情を抱いていたのかとても気になりました。

そして、転落から這い上がろうとする主人公に兆しが見え始めたら転落する人生、
そして、そこに必ず関係してくる友人(と表現する人物)。
全てのなぞが解明されたとき、主人公がどんな行動をとるのか、
久しぶりにラストが気になって仕方がなかった一冊です。そしてラストはそう決断したのか、と。

途中、詐欺や、だましのテクニックなどが出てくるので、勉強にもなる一冊でした。


手紙 Tegami ‐東野圭吾 Keigo Higashino‐

東野圭吾さん著の「手紙」を読んで一言。犯罪に手を染めた人間の親族に対する世の中の対応と、それに対する主人公の葛藤を描いた作品。信頼を築き上げるのは積み重ね、失うのはまさに一瞬。それでも切り離せない親族の絆に何を感じるのか。

手紙 ‐東野圭吾‐

友達に感動する!と薦めてもらって読んでみました。

犯罪に手を染めた人間の親族に対する世の中の対応と、それに対する主人公の葛藤を描いた作品。

自分が、両方の立場に立ったら、いったいどういう対応をとるのだろうか?
そんなことを考えながら、淡々と読み進めていましたが、
最後の数ページで、ぐっと訴えかけるものを感じました。

絆って、大切なものだと思いますが、紡いでいくためには、
ひとつずつ積み重ねていかなければならないと改めて感じます。
信頼を築き上げるのは積み重ね、失うのはまさに一瞬。

この作品は意外と映像で見るのもいいかもしれないと思いました。
見た人に聞いたところ、何度見ても泣ける映画だということでした。


幻夜 Genya ‐東野圭吾 Keigo Higashino‐

東野圭吾さん著の「幻夜」を読んで一言。常に上を目指して行動する女と、そんな女を愛するが故、利用される男。その愛憎劇の最後に待ち受ける結末とは?続編への伏線ともとれる展開もあり、続編も気になる作品。

幻夜 ‐東野圭吾‐

白夜行に続くと言われる物語。
常に上を目指して行動する女と、そんな女を愛するが故、利用される男。
ぞくぞくする物語で、最後までまったく飽きることなく一気に読みきりました。

白夜行と2つあわせて、おススメです。
最後の最後には本当にぞくっとするどんでん返しがあり、3部作への期待も大きくなるばかりです。


白夜行 Byakuyako -東野圭吾 Keigo Higashino‐

東野圭吾さん著の「白夜行」を読んで一言。成り上がりを目指す愛し合う男女2人。その中ですれ違う思いとそこから導きだされる結末とは?

白夜行 -東野圭吾‐

いわずと知れた、東野圭吾さんの小説。

男女の関係にはいろいろありますが、こんな形もあるのかもしれません。
主人公の2人は、いったい何を思い、何を感じながら生きていたのか?

そこに自分の考えをめぐらせながら一気に読める作品です。
サスペンス好きにはたまらん一冊です。続編の幻夜と共に。。。

 


さまよう刃 Samayou Yaiba -東野圭吾 Keigo Higashino-

東野圭吾さん著の「さまよう刃」を読んで一言。東野圭吾さん作品で最高にダークな物語と紹介してもらったにふさわしい哀しい物語。正義とはいったいなんだろうか。

さまよう刃 -東野圭吾-

この本は友達から教えてもらいました。

東野圭吾さんの作品の中でもっともダークで、落ち込む作品だよ、
その名を

「さまよう八重歯」

 

と聞き間違えて、なんて題名と内容がちぐはぐそうな作品だろう

と、思いながら本屋をさまよってました。

「さまよう刃」だったんです。

読みました。

男性目線で読んで行くと
正義とはなんなのか?と問いかけざるを得ない、哀しいストーリーでした。
主人公だけじゃなく、登場人物それぞれがまさに「さまよう」その中で答えを見つけていく、
そのそれぞれの立場のときに、自分ならどうするだろう?
僕の正義は?あなたの正義は??正義とはいったい何なんでしょうか???
そんな作品です。