香港株: 新濠博亜娯楽(6883:HK メルコ・クラウン・エンターテインメント) 2013年第4四半期及び通期決算発表!

今日は、マカオでカジノ経営を展開する新濠博亜娯楽(メルコ・クラウン・エンターテインメント)が、2013年第四四半期と、通期の決算を発表しました。

●新濠博亜娯楽(6883:HK メルコ・クラウン・エンターテインメント)
2013年第4四半期決算
売上 前年同期比27%増 1,394,560米ドル
純利益 前年同期比108%増 223,246米ドル
調整後EPS 前年同期比106%増 0.134米ドル

2013年通期決算
売上 前年同期比25%増 5,087,178米ドル
純利益 前年同期比53%増 637,463米ドル
EPS 前年同期比52%増 0.383米ドル

会社の公式業績発表:http://goo.gl/PQ12FT

総合カジノリゾート「新濠天地(シティ・オブ・ドリームズ)」の利益が順調に伸びているようですが、かなり急激に売り上げ、利益とも伸びています。
順調なのですが、PERが既に高水準(今日の終値ベースでHK$110ですから、PERは37倍。。。)で株価に織り込み済みの状況。(まあ、カジノ銘柄全体に言えることですが)
今から参入するのは、判断に迷うところかもしれません。

僕の保有している株の含み益は、既に100%をゆうに超えている状況です。

メルコクラウン自体は、日本のカジノ解禁を狙っているといううわさもありますし、まだまだ売り上げ拡大を狙えるし、これからも順調に拡大していくでしょう、人間とギャンブルが離れない限りは。


香港株:聯想集団(レノボ・グループ:992/HK) 2013年10〜12月期業績好調

本日、僕の保有銘柄の聯想集団(レノボ・グループ:992/HK) が決算を発表しました。

●聯想集団(レノボ・グループ:992/HK)
売上 前年同期比15%増 10,789百万米ドル
純利益 前年同期比33%増 265百万米ドル
EPS 前年同期比0.57セント増 2.56米セント
会社のQ3公式業績発表:http://goo.gl/BbTgTW
前期比も概ね増加しており、会社発表の年間EPSもかなり増加が見込まれます。

レノボといえば、日本でも有名なPCブランド。2005年にIBMからThinkpadブランドを買収して一躍世界でも有名企業になりました。さらに最近そのIBMからX86系のサーバー事業を買収するという発表をしたばかりか、Googleから旧MotorolaブランドのSmart phone事業まで買収するということです。
業績発表資料にもありますが、これで、

  • PC
  • Mobile
  • Enterprise
  • Ecosystem & Cloud

の4つの事業を持つ会社になるわけです。

既にPCの分野は、世界No1シェアを持っていますが、スマホ、タブレットについてもAppleやSamsung、同じ中国のファーウェイ(華為技術)などとも競って、さらにシェアを伸ばしていって欲しいです。

もちろん、将来的なイメージも、目先の指標も申し分なく、まだまだ保有し続けます。


香港株:永利澳門(ウィン・マカオ 01128)、金沙中国(サンズ・チャイナ 01928) 2013年10〜12月期共に業績好調

今日4日は香港市場も旧正月が明けて市場再開。

目先新興国市場の不安を背景とした世界同時株安の煽りを受けて、香港市場もハンセン指数3%と大幅安の展開。
もうしばらくこの流れは続きそうな予感がします。

まあ、こと香港株ついては、移動平均線で25日平均線、75日平均線からの乖離が大きくなり、
また、ボリンジャーバンドで見ると、下限を終値で割り込んでいますので、反発する可能性もあるかと思いますが、
全体の地合は確実に悪いので、余談は許さない状況かと思います。

ハンセン指数2014-02-04移動平均線

ハンセン指数 2014-02-04 ボリンジャーバンド

さて、そんな中、僕の保有銘柄の2社が2013年10-12月期の決算を発表しました。
●永利澳門(ウィン・マカオ 01128)
売上高 前年同期比24.62%増 11億1993万5000米ドル
営業利益 前年同期比38%増 2億8652万6000米ドル
純利益 前年同期比40.21%増 2億7588万6000米ドル
調整後EBITDA(利払い前・税引き前・減価償却前・その他償却前利益) 前年同期比32.1%増 3億7420万米ドル

●金沙中国(サンズ・チャイナ 01928)
純営業収益 前年同期比28.4%増 25億3000万米ドル
純利益 前年同期比40.4%増 6億5560万米ドル
調整後EBITDA(利払い・税引き・減価償却前利益) 前年同期比34.9%増 8億3640万米ドル

共に、前年同期比で純利益等が20%以上増加していて、マカオのカジノ全体の勢いを感じる決算報告でした。
今年もカジノ銘柄は鉄板の予感です。

もちろん、将来的なイメージも、目先の指標も申し分なく、まだまだ保有し続けます。


香港株 中国株二季報を買う

今年は、海外株への本格参戦を考えております。

去年前半に購入した株は、いわば海外株としては安定した株で、自分でスクリーニングしたというより、
他人がスクリーニングしたものからチョイスしたに過ぎず、将来的に大きく勝つ為には他の投資と同様、自分できっちり勉強が必要だと思い読み出したのが中国株二季報。

今はこれを元にスクリーニング中。結局プロが選ぶものと変わらないかもしれないですが、中国(香港)市場にどんな会社があるか、勉強にもなるので、面白いです。

日本にも四季報があり、もちろん日本株を購入する時は四季報を参考にしていますが、どこをどういう判断で見て優良企業をチョイスするか、そこが企業選択のミソであり、もちろん四季報や、この二季報だけを便りに投資先を決めるわけではないですが、第一スクリーニングという意味では、非常に有益な情報だと思います。

また、新しい株を買ったら報告したいと思います。


香港株 騰訊控股、恒安国際、第一太平を購入する

去年からから、海外株も勉強して購入していこうという事で購入し始めた中国株。

年末のボーナスが入った事もあり、次の3銘柄買ってみました。
海外株は基本購入したら最後、10年は持ち続けるくらいの感覚でバイアンドホールドで行こうと思います。

●購入銘柄

市場:香港
銘柄:01044 恒安国際(ハンアンインターナショナル)
理由:
この会社は、トイレットペーパーなどのサニタリー製品の生産、販売で中国最大手の企業です。
現時点でシェアは5~60%。
もちろん、競合もあり価格競争が始まっていますが、サニタリー製品は景気に左右されず、
中国内需もまだまだ延びる余地があり、今後安定して成長が期待できる企業だと思いました。
業界2位、3位の企業株も考えましたが、業界シェアの高さから、やはり1位の恒安国際を選択します。

市場:香港
銘柄:00700 騰訊控股(テンセント)
理由:
今回買い増しです。
中国最大級のネット企業で、中国内部のネット業界の伸びに比例して、
この企業も今後成長していく可能性を秘めていると判断しました。
中国系のネット企業は、どこもきっと伸びていくだろうという楽観的な考えです。
サービスはTwitterの中国版を中心に、今後もいろいろと戦略的に拡大して行きそうだと思っています。

市場:香港
銘柄:00142 第一太平(ファーストパシフィック)
理由:
現在超注目投資対象国として名高いインドネシアの財閥の持ち株会社。
いろいろな分野に投資をしているため、今後の東南アジアの経済拡大と共に、
この会社も充分成長が見込めそうなので選びました。

大投資家ウォーレン・バフェット氏や、日本で言うと澤上篤人氏のように、長期安定成長銘柄を早くつかめるように、今後も勉強と購入を繰り返して行こうと思います。