経済ってそういうことだったのか会議 ―佐藤雅彦、竹中平蔵―

経済ってそういうことだったのか会議 ―佐藤雅彦、竹中平蔵―

ホリエモン著書の
「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った」で、経済本の良書として薦めているということを知って早速読んでみました。
その推薦があるだけで相当に期待していたわけですが、確かにこれは良書でした。

個人的には税と共同体の在り方のところがなるほどー、と思うポイントでした。
章としては5章。
まさか、ユーロと日本の過疎化が結びつくとは。。。(実際イコールではないのだけど)

と、世の中と経済の在り方、結びつきがものすごくわかりやすく書かれているので、経済系は苦手。。。という人にも本当にお勧めできる一冊だと思った。
もう少したってから、改めて読もうと思う。

それにしても、この本もそうだし、先日読んだ「闇株新聞 the book」にしても、改めて一般大衆に向けて発せられるマスメディアの情報だけを、自分の判断ソースにするのは情弱というか、思考と判断の選択肢を狭めて、自分が損をするだけだと思う。