プラナリア Planarian ‐山本文緒 Fumio Yamamoto‐

山本文緒さん著の「プラナリア」を読んで一言。いくつかの短編が入っている作品。やるせない主人公たちのやるせないストーリー。

プラナリア ‐山本文緒‐


山本文緒さん著のプラナリア。

いくつかの短編が入っている作品。
やるせない主人公たちのやるせないストーリー。

僕はは理系人間なので、結論は、オチは??となってしまいましたが、
ストーリーからいろいろなことを想像し、自分のストーリーを創造するのが好きな人には、とっても面白い一冊だと思います。女性向けかな?そう、どちらかというと女性が読んでどう感じるか?そんな作品です。