ソーシャルレンディング

ずっと気になっていた、ソーシャルレンディング。

まずは登録してみないとわからんということで、
時間があったので、登録しました。

SBI(オークション型)
AQUSH(オークション型)
maneo(マーケット型)
の3社。(といっても、今はこの3社くらいか。。。)

『お金を借りたい個人』(ボロワー)と『お金を貸したい個人』(レンダー)をネット上で結びつける融資仲介サービスなので、P2P融資・PtoP融資・個人間融資とも呼ばれている投資です。。
まだまだこれから本格的にメジャーになって行く物かどうか。

銀行から融資を受けれないけど、ある程度纏まった資金を獲て起業したい人とか、そのような人にお金を融資してリターン得るというもの。
当然貸し倒れのリスクはありますが、それがわかっているなら、投資期間の短さとリターンはそこそこかなと感じています。
知っている人同士と、知らない人同士をつなぐ2つのパターンがあるようですが、今回登録した3社は知らない人同士をつなぐサービス。
そして、知らない人同士をつなぐものにも、マーケット型と、オークション型の2つがあります。

●マーケット型
サービスの運営会社が審査をし、借り手個人の格付けを行うが、貸し手個人がどの格付けにいくら、どのくらいの金利で貸付けを行うかを決定するもの。格付けを得るために、融資希望者は借りたい額と必要な個人情報を運営会社へ送信することが求められ、運営会社は送られてきた個人情報と信用情報機関への問い合わせによって格付けを決定する。貸す側は希望するリスクリターンに見合った格付けと金利、融資額を自分で決め、貸付けを行う。運営会社はこのように出資された金額を束ね、貸付け希望条件にあった借入をマッチングさせる。
この形式がマーケット型と呼ばれるのは、貸し手のリスク許容度や希望利回りに応じて金利がタイムリーに変動し、あたかも株式市場のような動きをするからである。もちろん、資金需要者として借り手が貸し手の金利設定に影響するので、金利がマーケットシステムによって公正に決定される仕組みになっている。

●オークション型
融資を希望する側は借り入れの目的や信用度をコミュニティ内にアピールし,貸し手側はそれらを判断材料として投資・融資先を決定する。
利率はオークション形式、すなわち貸し手側による入札(ビッディング)で決まり、通常、一番安い利率でビッドした貸し手(一人とは限らない)が貸し付けの権利を得ることができる。貸し手は、借り手の借り入れの目的・信用度・バックグラウンド等を考慮して利率を入札するが、その際、名前、住所等の個人情報は一切公開されない。金融市場の相場や一般利率に左右されないので、優良な借り手であれば低金利で資金調達が可能である一方、高利率のビッドが確定し、貸し手が高い利息を受け取れる可能性もある。この他にも家族間・友人間での貸借を行う場としても活用されている。

とは言いつつも、この投資は全体を見たらリターンははそれほど大きくありません。もちろん、融資してもらう側の支払利息がそれだけ大きくなる事を意味し、それは貸し倒れリスクが大きくなる事を意味するからというのもあります。

僕のようにアクティブに大きなリターンを得る為に投資している人にはあまり魅力的なものに感じませんが、低リスクかつ値動きを追いかけたくないという人には、投資する事を検討するに値する投資の一つかと思います。

個人的には、将来的にエンジェル投資家になりたいという願望があり、人の起業の為の融資という側面だけを見ればその夢が叶うので、少し興味がある程度です。


トラリピの4月月間結果 51回決済で年率40%も視野に

ちゃんと記録をつけ始めたトラリピですが、初月である4月もトラリピは順調に利益を出しました。

今月は、

  • 米国雇用統計で、雇用者数が12万人と市場の予想20.5万人よりも大幅に少なかった
  • 中国のGDPの発表があり、前年同期比で8.1%と、5期連続の鈍化
  • 日銀の追加金融緩和があったものの、市場に強い影響を与えるに至らず

など、何ともネガティブなイメージの一ヶ月でしたが、その分為替も乱高下がそれなりにあった一ヶ月だったともいえると思います。

☆EUR/JPY☆
・決済本数 22本

☆AUD/JPY☆
・決済本数 24本

☆NZD/JPY ☆
・決済本数 4本

☆ZAR/JPY ☆
・決済本数 1本

合計51本

と、いう事でざっと計算すると今月の調子で行くと年利40%が視野に入ってくるほどの利益を稼げました。
レンジで上下してくれるとトラリピは面白いほど利益を稼いでくれますし、特に相場を見張ってなくてもいいのでお手軽といえばお手軽ですね。

トラリピはM2Jの名称で知られるマネースクエアジャパンが特許を取得したFXの注文方法の事です。
従来の点(トレンド)での注文ではなく、面(レンジ)での注文をするという事で、面で相場が動いている時は本当に利益がどんどん出ます。逆に、面で張っている分、トレンドが発生した時は含み損が大きくなる可能性があるので、そのあたりは注意が必要です。

 


シストレ24の4月月間結果 LaTesla Imparion USD/CHFが絶好調

シストレ24の4月の成績です。

1ヶ月目はマイナススタートです。
LaTesla Imparion USD/CHFが稼いだ利益を、 ThirdBrainFx AUD/JPYが食いつぶした1ヶ月でした。
しかも、AUD/JPYをSellで保有しているのでスワップでマイナスがかさむ。

シストレ24の検証は始まったばかり!
来月以降に期待です。

保有中のストラテジーは以下の2つ。

ストラテジー  : LaTesla Imparion
通貨ペア      : USD/CHF
現在保有数   : 2
現在評価損益: -159.6pips
決済本数      : 33
合計損益      : 153.1pips

ストラテジー  : ThirdBrainFx
通貨ペア      : AUD/JPY
現在保有数   : 4
現在評価損益: -253.7pips
決済本数      : 1
合計損益      : -162.9pips

合計 -9.8pips


インヴァスト証券のミラートレーダー、シストレ24に登録してみた

インヴァスト証券が提供するシステムトレード、シストレ24。ミラートレーダーを採用しているストラテジーを選んで自動売買を行うシステムに登録してみた。

インヴァスト証券シストレ24

最近いろんなところで見かけるインヴァスト証券シストレ24

シストレ24とは、インヴァスト証券が提供するシステムトレード。

MT4など、様々なシステムトレードがありますが、シストレ24はミラートレーダーを採用。

ミラートレーダー(ミラートレード)とは、イスラエルTradensy社が開発した
FX自動売買プラットフォームです。
ミラートレーダー内にあらかじめ用意されたストラテジーを選択するだけで
自動売買を実践することができます。

また、自動売買プラットフォームといっても
PCにインストールする方式ではありません。

FX業者が用意するサーバー上で動作するため、
自宅に24時間稼働のPCやVPSを用意する必要もありません。

ミラートレーダーは、まさに最強レベルに初心者向けの
自動売買プラットフォームなんです。

インヴァスト証券の「シストレ24」以外にも同じようなサービスがありますが、
「シストレ24」は世界的に有名な「ミーラートレーダー」というシステムを使って、
500種類以上のストラテジーから選べるという本格的なもの。
しかも使い方も選ぶだけと超簡単!!
さらに利用料は「無料」ということで、世界有数のストラテジーを無料で体験できるのです!だって。

そりゃ試してみないと!
ということで、口座を開設していざトライ。

もちろん、裁量トレードではなく、システムトレードなので、
選ぶストラテジーが重要ですが、過去の成績が平均して一番よさそうな
ストラテジー: LaTesla Imparion
通貨ペア  : USD/CHF
と、
ストラテジー:ThirdBrainFx
通貨ペア  :AUD/JPY
を、まずは選択。

本格稼動は来週からでしょうが、今から楽しみです。


トラリピ設定 201204Ver

明日から4月1日、区切りということで今日からトラリピについても月次で結果を残して検証をする事にしました。
と、いう事で設定を急遽記録に残します。

今の設定は以下のとおりです。
基本的にビビリなので、売りの設定をしていません。買い(ロング)のみです。

狭いレンジで仕掛けるレンジの2倍の利益確定で、1回の収益額を多くする設定です。(AUD以外)
レンジを上に抜けたときの対策は考え中です。
下に抜けたら耐えるのみ!

●EUR/JPY
買い設定
30銭刻み 合計20本
110円~104.3円買い

売り設定
なし

●AUD/JPY
買い設定
50銭刻み 合計13本
87.4円~81.4円買い

売り設定
なし

●NZD/JPY
買い設定
30銭刻み 合計25本
69.7円~62.5円買い

売り設定
なし

●ZAR/JPY
買い設定
10銭刻み 合計20本
11.95円~10.05円買い

売り設定
なし

この4クロス通貨で今はぼさっと利益が乗るのを待っています。

トラリピはM2Jの名称で知られるマネースクエアジャパンが特許を取得したFXの注文方法の事です。
従来の点(トレンド)での注文ではなく、面(レンジ)での注文をするという事で、面で相場が動いている時は本当に利益がどんどん出ます。逆に、面で張っている分、トレンドが発生した時は含み損が大きくなる可能性があるので、そのあたりは注意が必要です。


新たな商品先物業者と契約!

最近ご無沙汰していた商品先物による金の取引ですが、
資金的な余裕も見え始め、また稼がせていただこうかと考えています♪
(実際、去年一番儲かったのは金の先物取引だったので、調子に乗ってます。)

と、いうことでいざ!と思いましたが、業者を見直し。。。
なんせ、手数料が高い。

無駄な手数料は、投資効率を大幅に下げますし、
正直、その手数料分業者がいいアドバイスをしてくれているかというと、
僕のような小額(多くて数百万程度)の顧客まで手が回るような状況ではないのです。

どちらにしても、参考程度の情報であれば、情報の入手口はありますし、
手数料欲しさに、「買え、売れ」と言っているようにしか聞こえない担当営業マンであれば、
自分で、テクニカル分析して売買したほうが、
負けても自己責任、気分が楽というものです。

と、言うわけでインターネットで売買できて、手数料が安い(今のところ)
北辰物産株式会社の口座を開くことにしました。


HSBC香港口座について

今日は、日本人でも海外に自分の資産をおいておきたい、
という奇特な、そして先駆的な人の為に、僕が知っているHSBC香港口座について記載したいと思います。

僕が海外に口座を持つ最大のメリットとして考えているのは、
やはりリスクヘッジです。

何のリスクか、それは日本の財政破綻前に起こるであろう金融混乱の中で可能性の一つとして挙げられる預金封鎖。
日本の金融機関にのみ金銭を置いた状態ですと、この預金封鎖が行われてしまったら現金をおろせません。

まあ、将来的には現金の利用価値はどんどん下がって、なくても生活に困る事はないでしょうが、自由度が下がってしまいますね。

一方海外口座があると、そっちにある現金は日本の縛りで動きませんので、自由です。
意外と知らない人も多いですが、HSBCだったら、日本のATMでも普通に現金を引き出せます。

と、いう事で特に斡旋業をやっているわけではないので、
興味がある人はネットで調べて業者に頼むか、自分で香港まで行って開設してみてください。

☆開設方法☆

・基本的に現地に行くしかない。
開設する名義の人間がいく必要がある
(夫婦などの場合は共同口座を開けるが、その場合は2人とも行く必要あり)
・行員は全て英語対応なので、日本で銀行口座を作る時に話すレベルで英語が必要
(誰か、付き添いをしてくれる人がいれば、それでも問題はない)
※悪徳業者等に引っかからないように注意が必要
・開設にかかる時間は約1~2時間(込み具合による)

☆口座の種類☆
・普通(Saving Account)
口座の種類   最低預金額   最低預金額を下回った場合の維持手数料
Smart Vantage 10,000HKD    60HKD/月
Advance     200,000HKD   120HKD/月
Premier      1,000,000HKD  380HKD/月
※アドバンスでの開設後、ダウングレード可能
※最低預金額は過去3ヶ月間の平均預金残高で計算される
・当座(Current Account)
・投資(Investment Account)
※投資口座を開く場合は、投資経験を質問されます。

☆開設に必要なもの☆
・パスポート(当然ですね、国外ですので)
・運転免許証
・名刺(職業の説明に便利です)
・住所証明(運転免許証があれば不要)以下よりいずれか一つ
有効期限が切れていない運転免許証
住民票(発行後3ヶ月以内)
NTT固定電話の領収書(発行後3ヶ月以内)
公共料金(電気代、ガス代、水道代など)の領収書(発行後3ヶ月以内)
・HSBCの最低預金額(いくらでもOK)
・HSBCの口座開設の希望者本人

上記に加えて、以下から1つ
※本人の名前と住所が両方とも印字されていることが必要
・国際運転免許証
(所轄の警察署または運転免許書センターにて当日発行可)
・残高が明記されている英文の銀行口座明細(発行後3ヶ月以内)

(以下のものは住所証明として認められない)
・有効期限が切れている運転免許証
・保険証
・保険カード
・携帯電話料金の領収書
・契約者名、契約者住所が印字されていないもの

☆入金(送金)方法☆
・現地に現金持込
・ゆうちょ銀行で国際送金
・銀行から海外送金
・Goロイズ海外送金サービス→https://www.golloyds.com/index/jp
※Goロイズは日本円を他通貨で海外に両替して送るロイズ銀行のサービス
※香港に行くついでに現地に持っていくのが一番コストは安い
※すでに国内に送金する通貨がある場合(例えば$を入金したくて$を持っている)、
銀行からでOK(US$ならゆうちょが手数料は安い)
※日本円を別通貨に換えて送金の場合は、Goロイズが一番手数料が安いのでおススメ

(裏技??)
両替のできるFX口座を持っている場合は、
FX口座でポジションを取って両替したほうが両替手数料がほとんどかからないので、
送金手数料を比べても、
「日本の日本円口座→FX口座→ポジション両替→日本の外貨口座→HSBCなど」
のルートが一番手数料が安かったりする。

●HSBC香港入金用国際情報●
・Beneficiary Bank Name(受取銀行):HSBC Hong Kong
・Branch(支店):Hong Kong Office
・Address(住所):1 Queen’s Road Central, Central, Hong Kong
・Beneficiary Bank Code(銀行コード):004
・SWIFT Code(スイフトコード):HSBCHKHHHKH
・Beneficiary Name(受取人名):
・Beneficiary Account Number(口座番号):(口座番号はじめの3桁が支店番号)
・HSBC電話番号:(852)2233 3000
Fax :(852)2899 8810

☆出金方法☆
・日本ではゆうちょ銀行と、セブン銀行のATMであれば日本円で出金可能
・1日の出金限度はHKD20,000.-まで
※ATMでの引き落としができるのは口座に香港ドルで入金されているものだけです。
日本で日本円を引き落としたい場合は、口座に香港ドルを入れておく。

☆海外送金方法☆
・イネットバンキングでの海外送金は、最初限度額が設定されていない
ネットバンキング経由であればHKD10,000/Day
書類送付での手続きであればHKD50,000/Day
まで、上限金額を上げることが可能
・HKD以外の通貨を送金する場合
事前に送付先銀行を登録しなければならない(書類か、ネットバンキングにて)
(限度額はHKD10,000,000/Dayまで設定可能)

☆凍結を防止する方法☆
HSBCはセキュリティ保護のため、
1.半年程度ログインされていないインターネットバンキング
2.半年程度お金の移動がない口座
を自動的に凍結します。(これは預金者保護のための処置)
凍結された場合は、現地に行って解除処理をしないといけないので、
1.半年に一回はインターネットバンキングにログイン
2-1.   日本のATMでお金をおろす
2-2.   定期預金を組む(自動更新にしないこと)
2-3-1. 口座内振り替えを行う(通貨両替を行う)
2-3-2. 普通⇔当座の振り替えを行う
を、行って凍結を回避する。
すぐに使わないお金があるなら、2-2がおススメ。
そうではない場合は2-3-2が手数料がかからないのでおススメです。

最後に、、、、
HSBC香港とはいえ、普通の銀行ですから、口座開設自体は難しいものではありません。
むしろ、金融市場が日本よりも開放的な香港ですから、メリットはたくさんあると思います。
注意したい点は、わからないことも当然多く、
開設を手助けするという名目でお金をたくさん取ろうとする人ではないでしょうか。
Google等で「HSBC香港 口座開設」と入れると、わんさか情報が出てきますが、
価格等はまちまちです。誰かにお願いするなら信頼のおける人と行くのがいいと思います。
少なくとも10万円以上のツアー等はありえないですね。
香港までの往復航空代、ホテルに泊まるならホテル代、そしてサポートしてもらえるとしてもその人の時間を3時間拘束しても、
お礼として払うなら1万円程度?ではないでしょうか。
後、Web上に情報が多い、本を出版している、これもなんの信頼性にもつながりません。
「信じるな、疑うな、確かめろ」です。
自分自身の目で見た現実を信じて、資産を作っていきましょう。