マダムシュリンプ ーmadame shrimpー

マダムシュリンプという名前が示す通り、このお店の特徴はとにかく”海老”。

世界各国15種類以上の海老を使った、海老料理が楽しめるお店です。

「銀座×海老×隠れ家×ワイン」

このキーワードにビビっときたら、ここに行くべし。

1種類の食材を様々な調理法で楽しめるお店というのは、その即材が好きな人にはたまらないわけですが、
比較的日本人で好きな人が多い食材である”海老”にこだわって料理を出し、そしてワインも一緒に楽しめるので、
誰といっても美味しく楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか?

姉妹店のマダムシュリンプグレイスには、銀座の夜景を楽しみながら食事ができるカウンターがあり、しっぽり飲みたいデートなんかにはぴったりなお店だと思います。


よよぎあん ーYoyogianー

JR代々木駅から徒歩1分。
抜群の立地のビルの地下を降りていけば現れる、居酒屋”よよぎあん”。

よよぎあん

言ってしまえば、居酒屋であって、それ以上でもそれ以下でもないお店なのですが、だからこその安定感は凄まじいです。

出てくる料理も普通に全部おいしいし、店内は広々としていて周りを気にすることもなく、ゆっくりリラックスしてお酒を楽しめる感じです。

美味しくてちょっと敷居の高いバーやダイニング等もいいですが、やっぱりよよぎあんのような居酒屋で何も考えずに楽しく飲むというのもせっかくお酒を飲むのだから、アリだと思います。

お店も24時までに終了しますから、次を考えなければ非常に健全に飲めるというところもポイントが高いでしょう。

たまには仲間内でゆっくり飲もうよ、というときに新宿から少し足を伸ばして、代々木のよよぎあんも選択肢としてありだと思います。


てけてけ

コスパのいい焼き鳥屋さん”てけてけ”。

チェーン店なので知っている人は知っているし、行ったことある人も多いかもしれませんが、
ここのつくね、うまいんです。

てけてけホームページより転用
てけてけホームページより転用

つくね自体も、特に目新しい物でもないし、基本おいしいものですが、ここのつくねはまず味付けがうまい。塩つくねになっているのですが、塩加減が抜群です。

そして、食べると肉汁がジュワッと出てきてジューシーさがすごい。
行くと必ず何本か食べてしまう一品です。

そして、その他串。

てけてけホームページより転用
てけてけホームページより転用

その他串もおいしいのに安価。

実は、この店に行って焼き鳥以外食べたことがありません。
なんか色々あるみたいですが。

前に取り上げたげんこつハンバーグのさわやかもそうですが、リピート客を呼べる定番メニューがあるお店は繁盛しますよね。

焼き鳥が食べたくなったt気には、いってみる価値があるお店です。


旬鮮 牡蠣とん

意外と使い勝手のいい街、大井町にある、わたしのかかりつけ耳鼻科の近くにある「旬鮮 牡蠣とん

JR大井町駅から歩いて10分くらいの位置にあり、にぎやかな喧騒からは少し離れたところにお店があります。
前に紹介した「口福料理 なかもと」からちょっと行ったところです。

とにかく牡蠣が食べたいという事で、いろんな人にアドバイスをもらいましたが、結局慣れ親しんだエリアだったという事と、この”マニアックな場所”感がよくって今回はここにしました。(紹介してもらったお店は順次牡蠣が食べたくなったら行きます!)

お店は、カウンター、2人席、複数人席で大体20人入ればいっぱいという大きさ。
1人で行っても、カップルで行っても、友達と行ってものんびり楽しめる雰囲気です。

メニューはといえば、もちろん”牡蠣”、そして”豚”。だから「牡蠣とん」。
言われるまで、豚の存在が”とん”だということに全く気が付きませんでした。(それほど牡蠣が食べたかったという事です)

ドリンクは、ベーシックな物に日本酒とワインのラインナップが少し多めな印象。

IMG_0899

それほどメニューの数は多くないので、バリエーションを求める人には物足りないでしょうが、素材を楽しむ人には十分かと思います。

で、このお店で一番食べてほしいメニューがこれです。
とろすぎるとろたく

とろすぎるトロたく握り(笑)

世の中で「○○すぎる」という表現がつくと、そうでもないわ、と反発が起こりやすいのですが、
Facebookに挙げてみたら、そんな反応もなく、なかなかのとろすぎる感だと思います(もちろん、店のメニューに「とろすぎる」などと書いていません)。

牡蠣と豚の店なのに、食べてほしいのはトロたく握りというオチですが、もちろん牡蠣もおいしいのでぜひ。
(ちなみに、一切豚は食べませんでした。。。)


うしごろバンビーナ ーUSHIGORO Bambinaー

焼肉とワインを楽しみたいならうしごろバンビーナ

焼肉うしごろという系列店は、国産黒毛和牛で最高級のA5ランクの肉が出てくるお店ですがお値段もいい感じなのに対して、
うしごろバンビーナの方は、同じくA5ランクの肉が出てきますがお値段は比べるとリーズナブル。
お店のホームページに、メニューと値段がそのまま載せてあるので、事前に価格イメージが想定できるのも嬉しい。
IMG_1791

そして、ドリンクはワインが中心。
基本、ワインをフルボトルで頼んで飲む感じです。

前から気になっていましたが、先日電車に乗っているときに、隣に立っていたOLさん達がこの店がうまいうまい言うてるのが聞こえたものだから、ついに行くことにしました。
ある種の口コミに負けた感じです。

とはいいつつ、普段あまり焼肉に行かない私、それほど量を食べれないので、肉とホルモンの盛り合わせを頼みました。

ホルモンはこんな感じ。
IMG_1792

それを焼くとこんな感じ。
IMG_1794
完全に燃えてましたね。焼き慣れてないので若干あたふたしながらも、美味い美味い。

肉の盛り合わせは、一度に出てこないで複数皿に別れて出てくるあたりは演出も含めてええですね。
どの肉もサッと炙って食べると、口の中で溶けちゃいます。高級肉っぽいです。
美味しすぎるので、リア充写真を撮るのを思わず忘れてました。
IMG_1793

肉だけではなく、サイドメニューも美味かった。

一つ残念?なのは、人気店すぎて席予約でも混んでると2時間制になってしまう可能性があることですかね。

一軒目に美味しい肉とワインを、というときには持ってこいのお店だと思います。


炭火焼ホルモン ぐう 渋谷

新宿だかで飲んだ後、行きますかってことで連れて行ってもらったのが「炭火焼ホルモン ぐう 渋谷

渋谷駅でも新南口という、なかなか利用する事のない出口を出てすぐ、
エレベータで上がって、クラブの入り口のような鉄の扉を開けて入った瞬間に都会を感じる黒を基調としたスタイリッシュな店内。
時間も23時を過ぎたころだったのに、席もほとんど埋まっていて、都会の人は元気だなぁなんて活気を感じれるのに、席間も広くて居心地のいい空間の演出が上手だなと感じました。

個室希望の人向けの個室もいくつかあった模様。
遅めの時間までやっているので、デートにも使えるお店です。

で、肝心の肉も新鮮で肉厚、普段殆ど焼肉に行かない僕でも普段食べているモノとは違う、と感じるお肉でした。
それでいて、値段が高いわけでもなく、美味しい肉を堪能させていただきました。

1点、最後帰る時に店員さんが「ぐうです、よろしく!」みたいな元気のいい掛け声でお見送りしていただけたのですが、
あれは恥ずかしくなるので個人的にいらない。。。(笑)


銀座 楸

「牡蠣食べにいこ~」というお誘い × 「銀座」という場所 =「銀座 楸

この方程式がはまった事過去3回。なので、そろそろ紹介しとかんとあかんと思いました。
全くつながりのない3組の人から誘われて行ったら全部この店。というのがこのお店の魅力を十分物語っていると思います。

夜は牡蠣とワインをカウンター(か、テーブル)で堪能するお店ですが、何故かランチはカレー店なのです。
と、いう事で今回はカレーを食べました。

IMG_1730

牡蠣も一応載ってるんですが、ビーフの魅力が残念ながら勝っています。。。

なので、仕方なく、

IMG_1729

生ガキをセットに添えて。

基本、カレーは甘口を口いっぱいに頬張って食べる派なのですが、楸のカレーは程よい辛さでおいしくいただけました。
肉もうまいし、もちろん牡蠣もうまい。

でも、やっぱりこのお店は夜に牡蠣をワインでいただく方がいいので、今度は夜に行きたいと思います。