トラリピの4月月間結果 51回決済で年率40%も視野に

ちゃんと記録をつけ始めたトラリピですが、初月である4月もトラリピは順調に利益を出しました。

今月は、

  • 米国雇用統計で、雇用者数が12万人と市場の予想20.5万人よりも大幅に少なかった
  • 中国のGDPの発表があり、前年同期比で8.1%と、5期連続の鈍化
  • 日銀の追加金融緩和があったものの、市場に強い影響を与えるに至らず

など、何ともネガティブなイメージの一ヶ月でしたが、その分為替も乱高下がそれなりにあった一ヶ月だったともいえると思います。

☆EUR/JPY☆
・決済本数 22本

☆AUD/JPY☆
・決済本数 24本

☆NZD/JPY ☆
・決済本数 4本

☆ZAR/JPY ☆
・決済本数 1本

合計51本

と、いう事でざっと計算すると今月の調子で行くと年利40%が視野に入ってくるほどの利益を稼げました。
レンジで上下してくれるとトラリピは面白いほど利益を稼いでくれますし、特に相場を見張ってなくてもいいのでお手軽といえばお手軽ですね。

トラリピはM2Jの名称で知られるマネースクエアジャパンが特許を取得したFXの注文方法の事です。
従来の点(トレンド)での注文ではなく、面(レンジ)での注文をするという事で、面で相場が動いている時は本当に利益がどんどん出ます。逆に、面で張っている分、トレンドが発生した時は含み損が大きくなる可能性があるので、そのあたりは注意が必要です。

 


コメントを残す