MyEtherWalletを使って、Mistのバックアップデータから秘密鍵のペーパーウォレットを作る

Ethereumの秘密鍵を自分で管理したい、という方の為に、その方法をお伝えしたいと思います。

Ethereum

暗号通貨を扱っていると必ずぶつかる秘密鍵の取り扱い方法。
これを完璧に扱うことが暗号通貨と付き合う為の永遠の命題であるわけですが、今回はEthereumの秘密鍵を自分で管理したい、という方の為に、その方法をお伝えしたいと思います。
※情報は全て執筆時点でのものとなります。

※厳重注意:秘密鍵は他人に知られてしまったら最後、全ての価値資産を失うと思ってください。今回は捨てアドレスで行うので丸見えですが、基本誰にも見られない環境で行ってください。

[Ethereum 秘密鍵 : MyEtherWalletをダウンロードする]

今回の方法は、オープンソースの”MyEtherWallet”を使用します。
これは、Mistをダウンロードせずに、もっと手軽にEtherを扱いたい方に向けて提供されているEtherウォレットで、
https://www.myetherwallet.com/

から、使用することができるのですが、今回は秘密鍵を扱う為、オフライン環境を整えたいので、ソフトの形でダウンロードします。

そこで、
https://github.com/kvhnuke/etherwallet
に行って、右側にある”Clone and download”ボタンからダウンロードします。
Private key of Ether

[Ethereum 秘密鍵 : MyEtherWalletとKeystoreファイルを使って秘密鍵のペーパーウォレットを作る]

ダウンロードが終わったら解凍します。
※推奨:ここからの作業は、秘密鍵が晒される為、できるだけ安全な環境(オフラインや、新品のパソコン等)で自己責任の上で行ってください。

解凍後、”dist”フォルダ→”index.html”をクリックします。
すると、オンラインと同じ画面が出てきます(ただし、アドレスバーの表示がfile://〜になっているはず)。

まず、言語を日本語にします(もちろん、他の言語でもOK)。

そのあと、
”ウォレット情報を見る”をクリック

”ウォレットファイルの選択”でMistのバックアップファイル(UTCから始まるKeystoreファイル)を選択する

”パスワードを入力する”にアドレスを生成した際に設定したMistのパスワードを入力する

”ウォレットをアンロック”アンロックボタンを押す
Private key of Ether

すると、少し時間をおいて(30秒くらい?)、
Private key of Ether
こんな感じで情報が出てきますので、印刷したら完成です。

[Ethereum 秘密鍵 : 秘密鍵からMistへウォレットをインポートする]

ちなみに、秘密鍵(Private key)を使って、Mistに直接アドレスと残高(ウォレット)をインポート(復元)することも可能です。
やりかたは、
1、秘密鍵(アドレス)を適当なテキストエディタにコピーして、任意の場所に保存する。
2、MACのターミナル、もしくはWindowsのコマンドプロンプトを起動する。
3、”(gethフォルダの保存場所)/geth account import (先ほど保存した秘密鍵のファイル(場所も含む))”と打ち込む
4、パスワードの設定を要求されるので、パスワードを設定する
5、完了
です。

もしエラーが出る場合、秘密鍵を保存したファイルの文字コードがおかしい可能性があるので文字コードを変えて試してください。

こんな風に、コマンドを叩ける人は、MistのようなGUIを使う必要がなく、こっちの方が便利かと思います。

ーーーーー
本ブログでは、トークンエコノミーの実験として、皆様からの寄付も受け付けております。
記事が役に立ったなぁ、オリジナルトークンが欲しいなあ、などと思っていただけた方は、
Indieqwuare Walletから下の寄付ツールを通じて寄付いただけましたら、MONCOINという独自トークンをお送りいたします。(Counterparty上のトークンです)
いただいた寄付の使い方は、執筆時点ではアルトコインや新しいICOプロジェクトへの出資実験などに使わせていただき、利益が出たらシェアさせて頂くなどを考えています(投資商品ではありません)。
Donate with IndieSquare


コメントを残す