Bitcoin(ビットコイン) wallet: bread walletのウォレット作成、バックアップ、復元方法

ビットコインウォレット : bread walletのウォレット作成からバックアップ、復元方法についてお伝えします。

bread wallet

ビットコインのウォレットとして、個人的にメインで使っているbread wallet。
思えば、ビットコイン初心者の時に初めてセルフGoxした(ウォレットにアクセスできなくなって、価値を全部無くしてしまった)のもこのウォレットでした。

そんな経験がありながらも、モバイルウォレットとしては非常に使いやすいbread walletのウォレット作成からバックアップ、復元方法についてお伝えします。
※情報は全て執筆時点でのものとなります。

[bread wallet : ウォレットを作る]

まずは、インストールからです。
※僕はiPhoneユーザーのため、全てiOSベース(作業の都合でiPad)の写真になりますが、Androidでも同じような操作が可能です。

1. ウォレットアプリをダウンロードして、開く

これは誰でもできると思いますが、まずはアプリを見つけ、ダウンロードします。
bread wallet

ダウンロードしたウォレットアプリを開くと以下の画面になります。
bread wallet

ここで、”新規ウォレット”を選択します。

2. 新規ウォレットを作る

新規ウォレットを選択すると、
bread wallet

この文字が出ます。次に進むと警告が出ますが、ビットコインに限らず、暗号通貨のウォレットで重要なフレーズなので、
管理はしっかりと行ってください。
この復元フレーズは、スマホをなくした時、機種変をする時などウォレットを引き継ぐために重要なフレーズです。
このフレーズがあれば、誰でも同じ中身のウォレットを作れてしまう(財布の中身が取れる状態)ので、誰にも知られてはいけません。

復元フレーズはこんな感じです。
復元フレーズ
※今回は記事用に捨てアドレス(ウォレット)を作っているので晒していますが、絶対にこんなことはしないでください。

ちなみに、スクリーンショットを撮ろうとすると、フレーズが変わってしまいます。

紙に書きとめたらチェックをして、完了を押し、次に行きます。

3. パスコードを指定する

パスコードは、ウォレットのロックを解除したり、送金したり、いろいろな場面で入力する必要のあるPINです。
これも絶対に忘れないでください。

パスコードの設定は、
bread wallet
この画面で行います。2回入力です。

パスコードを入力が完了したら、ウォレットを使う準備が完了しました。

[bread wallet : ウォレットのバックアップを作る]

bread walletのバックアップは、ウォレットを作った段階で完了しています。
”復元フレーズ”がバックアップそのものになります。

[bread wallet : ウォレットを復元する]

不幸にしてスマホをなくしてしまったりして、ウォレットを復元しなければならないことになった場合、
新規作成の時と同じくダウンロードをして、
bread wallet
この画面で、”ウォレットを復元”を押します。
その後復元フレーズを入れる画面になりますので、12個の復元フレーズを入力します。

すると、次に新規作成の時と同じく”パスコードを設定する”画面になりますので、パスコードを新たに設定してください(復元前と同じでもOK)。

これで同期が完了したら、復元完了です。

[bread wallet : 最後に]

bread walletについては、”復元フレーズ”をしっかり管理していれば、何も怖いことはありません。(パスコードを忘れて焦ることはありますが、最悪別スマホなどを用意して、復元すればなんとかなります)
ウォレットを復元するケースで、特に復元前の媒体(スマホなど)を紛失したケースでは、最悪の場合拾った人がウォレットにアクセスできてしまう可能性があります。そのため、復元したとしても、同じ秘密鍵アドレスは使わないようにしたほうが無難(復元したウォレットから一旦別の所に資産を移動して、新しくウォレットを作る)だと思います。

ーーーーー
本ブログでは、トークンエコノミーの実験として、皆様からの寄付も受け付けております。
記事が役に立ったなぁ、オリジナルトークンが欲しいなあ、などと思っていただけた方は、
Indieqwuare Walletから下の寄付ツールを通じて寄付いただけましたら、MONCOINという独自トークンをお送りいたします。(Counterparty上のトークンです)
いただいた寄付の使い方は、執筆時点ではアルトコインや新しいICOプロジェクトへの出資実験などに使わせていただき、利益が出たらシェアさせて頂くなどを考えています(投資商品ではありません)。
Donate with IndieSquare


コメントを残す