まとめ ーFXを資産運用で活用する為には?ー

と、ここまで非常に簡単ではありますがFX業者の実情を書いてきましたが肝心な事は、
国内のFX業者には、ほとんどNDD取引が出来る業者がない。という事です。
(ちなみに、くりっく365はインターバンクとつながっていますが、制限が厳しく使い勝手が悪いです)
逆に海外のFX業者は、その多くがNDD取引が出来る事をうたっています。

よって、個人的には
絶対潰れない健全な経営をしていて、お付き合いをしているリクイディティも良くって、NDD取引が出来る低スプレッドな海外のFX業者、でFXをやるのが一番勝てる確率が高いと考えています。(あくまで理想形です。)

僕は自分自身の資産運用のポートフォリオにFXの裁量トレードと、システムトレードの両方を導入しています。
裁量トレードは国内のFX業者、システムトレードはプロにお任せしているので海外のFX業者を使っています。
過去1度ロスカットで市場から退場しましたがおかげさまで、FXを始めてから今までは平均すると利回りはいいです
今後は、自分でやる時間を作る事が減っていきそうなので、システムトレードに統合する予定です。

冒頭でも書いた通り、FXと聞くと資産運用というよりは投機のイメージがあったり、
今まで記載して来た内容を見ると、これまた投機的なイメージがついてしまったかもしれませんが、

・為替両替なので、通貨変動のリスクヘッジにも使える
・景気が良くても悪くても資産を増やせる可能性がある
・小額でもレバレッジをかけて取引をする事が出来る

といったメリットがあるので、自分の資産運用のポートフォリオの一部として導入する事を検討するのもいいのではないでしょうか。

資産運用には特別な才能、知識はいりません。正確な情報を知っているか知らないか、そして知っているならやるか、やらないか。これだけです。

知識なんて、使わなければ何の役にも立ちません。


コメントを残す