何故FXで勝っている人は海外FX業者を選ぶ傾向があるのか? ーFXという業界の取引の仕組みー

そもそも、FXって誰と売買をしているかご存知でしょうか?

ちなみに株式投資の場合、投資家と市場(東証等)があり、その間に証券会社がいて手数料を取って市場売買の管理をしています。

株式を買いたい投資家⇔証券会社⇔市場⇔証券会社⇔株式を売りたい投資家

こんな感じです。投資家は常に市場にオーダーを出しています。
証券会社はあくまで手数料を取って仲介しているだけにすぎません。

では、FXはどうなっているのでしょうか?

A通貨を買いたい投資家⇔FX業者⇔リクイディティ⇔インターバンク⇔リクイディティ⇔FX業者⇔A通貨を売りたい投資家

こんな感じです。

インターバンクとは、銀行等間通貨取引の仕組みの事で東証のような市場ではありません。
あくまで、金融機関同士が自分たちの決めた売買レートを提示し合って、通貨の売買を直接行っているだけ、と考えてください。

FX業者は、顧客の注文を直接銀行につなげればいいのですが、株式市場と違い各銀行でレートが違いますし、
1行と付合っていただけだと、その銀行が瞬間的にオーダーの受付をしなくなると注文がさばけず顧客の注文を受け付けられなくなるというリスクを負ってしまいます。

その為、リクイディティ(流動性)という機関が存在します。
このリクイディティが複数銀行からその瞬間のベストレートを取ってFX業者に提示し、FX業者のリスクを分散しているのです。
つまり、先の流れを書き直すと、

A通貨を買いたい投資家⇔FX業者⇔リクイディティ(インターバンク)

こんな感じです。

このように、FX業者が投資家のオーダーをそのままリクイディティに流す取引をNon Dealing Desk(NDD)と呼んでいます。
NDDには、ECN参加者同士でオーダーをマッチングさせる「ECN方式」と、リクイディティにオーダーを流す「STP方式」があります。
両方ともFX業者(ディーラー)の手を介在しません。いわゆるクリーンな取引です。

なぜ、わざわざNon Dealing Deskという言葉が存在するのか、僕がクリーンな取引だと言うのかというと、Dealing Deskがあるからです。

これを相対取引といいまして、これがえげつないのですが、投資家とFX業者の1対1の取引になっている事をいうのです。

A通貨を買いたい投資家⇔FX業者(のディーラー)

こんな感じ。

実は日本のFX業者でFXをやっている人は、そのほとんどがインターバンクとつながらず、FX業者のディーラーと取引をしているのです。

何か問題があるの??と思う方もいらっしゃるでしょうが、FX業者と契約時に約款をご覧になった事はありますか?
わかりにくい言葉で書いてあるのですが、場合によってはレートを操作します、という事が書いてあるのです。
つまり、FX業者は意図的にレートを操作します。

なので、同じタイミングのチャート図を並べると、微妙に業者間で違ってたりします。
(ここでは、図を出しませんが、暇があったら色んな会社の同タイミングでのチャート図を見比べてください。)

恐ろしいですよね。
ロスカットラインに設定されているポジションが多いレートを狙ってちょっと操作すれば、、、考えただけでも恐ろしい。

更にはノミ行為も合法なのが日本のFX業者なのです。
ノミ行為とは、
「先物取引等相場性を有する取引きの委託または委託の取り次ぎを受けた者が、それをせず自分が取引きの当事者となって、取引きを成立させることをいう。」
とWikipediaでややこしく書かれていますが、つまりはDealing Desk、インターバンクにつながずFX業者が投資家との取引を自分達だけで成立させる事をさしており、金融取引においては合法とされています。

これのえげつない所は、
ある瞬間にFX業者に顧客から注文の入ったA通貨を買いたい100のポジションと、売りたい50のポジションがあった場合、相殺して買いたい50のポジションをインターバンクに流すこと、これがノミ行為になるのですが、
相殺して”取引した事にした”50のポジション分のスプレッドは全てFX業者の儲けになるわけです!
(インターバンクに流した50のポジション分のスプレッドは全てがFX業者の儲けになるわけではありません。)

ちなみに、競馬の場合FX業者にあたるポジションなのがJ○Aさんですね。


コメントを残す