国内FX業者と海外FX業者 ー海外金融を毛嫌いするのはやめようー

国内のFX業者と、海外のFX業者との違い、これが日本のFXプレーヤーをダメにしている一因といえるでしょう。
(大体の優秀なプレーヤーは信用出来る海外のFX業者を使っている、という事も納得です)

まず、日本の金融庁に届出をしていない海外でビジネスを展開しているFX業者を使って
日本国在住の日本人が取引をしていいのか?という質問が来そうですが、問題ないです。
これは、決済の国際ルールにもとづいた判断ですが、決済のサーバーがどこの国にあるのか?に帰属するため、
日本国外にサーバーを設置して、海外で営業している海外のFX業者は日本の法律に縛られませんので問題ありません。
(もちろん、当該国の法律に従い、届出が必要な場合はその国で届出がされているか確認が必要です)

国内でのカジノは禁止されていますが、海外のブックメーカーを使ったオンラインカジノは国内でやってもOKである事と同じですね。

逆に、日本国内において営業しているFX業者は海外系だろうが国内系だろうが金融庁に届出をしなければならず、
金融庁HPの金融商品取引業者に名を連ねていなければなりません。

その上で日本人にとって日本国内のFX業者を使うメリットは、
・信託保全が義務づけられており、万が一会社が破綻しても時価は保全されているという事
・対応が日本語である事
・入出金の手間がほとんどない
等が挙げられます。

逆に言うと海外のFX業者を使うデメリットは、
・保全がされていないため、FX業者が破綻したら最悪全額返ってこない
・対応が外国語のみの場合がある
・入出金等でトラブル可能性がある
・詐欺会社の可能性があるが、正しい判断を出来る情報ソースが少ない(該当する国の金融庁等に届け出されるか確認出来るか?)
等が挙げられます。

一見すると国内のFX業者の方が良さそうに見えますが、実はそうでもないポイントがあるのです。
(国内業者のメリットを挙げて、海外業者のデメリットを挙げたらそら国内がよさそうに見えますよね。。。)


コメントを残す