FXで収益を得る為の手法 ー金利差益と為替差益ー

為替取引には以下の3つの形態があります。
・経常取引(貿易) 
・資本取引(外国証券等)
・スペキュレーション(投機)
この中で、実は投機が9割の取扱量となっているのが為替相場取引の現状です。

さて、為替を使った投資(投機)の中で最もポピュラーなFXですが、利益を出す方法は主に
・金利差益
・為替差益
の2つがあります。

金利差益とは、スワップポイントとも言われます。

FXにおける取引は、例えばUSD/JPYのクロス通貨でUSDを買いのポジションで持つという場合、
「JPYを売る」という事と「USDを買う」という事を同時に行います。

今借りに日本の金利が1%、アメリカの金利が5%だった場合、
「1%のJPYを売る(USDを買う為に1%利息のJPYを借りる)」という事と「5%のUSDを買う」という事を同時に行っているとイメージしてください。

そうすると、あなたはUSDから5%の金利を受けますが、JPYに1%の利息を払う事になりますので、結果4%があなたの受け取る利息になります。
この4%分を、日割りで毎日受け取る事を金利差益と言います。

これが逆にUSDを売りのポジションで所有している場合は、4%の金利差損を支払わなければなりません。

一方、為替差益とはキャピタルゲインとも呼ばれ、いわゆる安く買って高く売る、高く売って安く買うで利益を得る手法です。
FXと言えばこちらが一般的ですよね。

では、一口に手法と言ってもどのような手法、つまりトレードの形があるのかというと、
●時間軸で切り分けた場合
・スキャルピングトレード 数秒〜数分での取引
・デイトレード      数分〜1日での取引
・スイングトレード    数日〜数週間での取引
・ポジショントレード   数ヶ月〜数年での取引
の主に4つがあります。

●相場の形で切り分けた場合
・トレンド(ブル、ベア) 相場に一定の方向感がある相場
・レンジ  相場に方向感が無く一定の幅で上り下がりを繰り返す相場        
・ショック 何かしらの要因で通常では考えられない大きな変動が起きた相場 
の主に3つがあります。

●誰が取引をするのかで切り分けた場合
・システムトレード  一定の手法で売買を繰り返すロジックを動かす事で自動的に取引を繰り返す手法
・マニュアルトレード 自分の手で取引をする手法
・ファンドトレード  お金を他者に信託し、他者に運用をしてもらう方法
の主に3つがあります。

どれが一番稼げるのか?と言われるとどれも一緒です。
ひとつあるとするならば、システムトレードは自動なので自分がPCの画面に張り付いていなくていいというのがあります。
人は24時間は働けても、72時間以上ぶっ通しで働ける人は稀ですからね。


コメントを残す