掛け捨て保険という言葉と人間心理 〜言葉のマジックに騙されるなかれ〜

人間は、損をする事がとても嫌いな生き物だ。

前に宝くじ効果という事について述べたが、少しの損に対する超低確率のハイリターンと、少しのリターンに対する、超高確率の大損だと、前者を選ぶ。

僕はこれに似ていると感じるのだが、保険について「掛け捨て保険」と言われる最もベーシックな保険に対する人々のイメージが非常にネガティブな事は非常に残念に思う。

ここまで僕の記事を読んでくれた方ならわかると思うのだが、この掛け捨て保険こそが最もベーシックであり、最も保険という商品らしい商品だと言える。

そして、残念ながら有配当の保険であっても、掛け捨ての要素がある事は、この連載をご覧いただいている人であればご理解いただけるであろう。
それは、そもそも保険商品というものに存在する共通の資産という性質がそうさせる。
よって、掛け捨てというものが嫌という事であれば、貯蓄等ご自身で準備する保険を作る事をおススメする。

しかし、この”捨てる”というマイナスな言葉が加わる事で、掛け捨ては損をしているのではないか?配当のある保険の方が得なんじゃないか?という心理を駆立てている事は事実である。

同じ保険金の
・100万円の保険料の掛け捨て保険
・200万円の保険料で満期まで生存したら100万円のボーナスのある保険
であれば、統計的に後者の方がお得感を感じる人が多い。

しかし、冷静に考えれば、
満期までに200万円という金額が自由が利かず、しかも途中で死亡した場合、払い込んだ保険料は後者の方が多くなる場合が多い。

そして、実際の保険では、この両者であれば、前者の保険金の方が多い(=保険料が前者の方が安い)のである。

生命保険に加入する事自体の目的が何なのか?という事になると思うのだが、
心理的にお得感を得たいか、実際にお得を得たいかは人それぞれだ。


コメントを残す