保険(保障)の見直し -保険商品は”賢く”見直しするべしー

保険契約はいったん解約すると元に戻すことができないうえ、新たに契約する場合は契約年齢が高くなり、普通保険料も高くなるし、そのときの健康状態によっては契約できない場合もある。
契約者のニーズの変化により、現在加入中の契約を見直す場合には「契約転換制度」「定期保険特約などの途中付加」「追加契約」等を活用すれば、現在の契約を解約することなく、保障の見直しをすることが可能だ。
逆に必要保障額が下がったり、付加されている特約がニーズを満たさなくなった場合、保険料負担の軽減を図る必要性が生じた場合等、減額や特約の解約等を検討するケースもあるだろう。

1.保障見直しに関する諸制度

契約転換制度
現在の契約を解約することなく、その責任準備金や配当金など(転換価格)を新しい契約の一部に充当する方法
定期保険特約などの途中付加
現在の契約に定期保険特約などを新たに付加して、死亡保障額などを大きくする方法
追加契約
現在の契約に追加して、別の新しい保険契約に加入する方法

契約転換制度による保険契約の見直しを行う場合には、契約転換により保障内容、保険金額、保険料などが全く新しく切り替わることなど、契約内容を新旧比較しながら説明を受ける必要がある。
保険料は、転換時の契約年齢、保険料率により計算される為、保険の種類によっては、保険料率の引き上げとなる場合がある。

なお、転換契約の募集にあたり、募集側には法令上以下の規制が設けられている。

  1. 契約者に対し、転換前と転換後の重要事項を対比して記載した書面を交付し、説明すること
  2. 契約者からその書面を受領した旨の確認を得ること

2.保険見直しチェックリスト

以下に、挙げた項目に1つでも当てはまる人は、保険の見直しをすると、重複していたり不要な保険を削除して適切な保険を選択出来るかも知れない。

  • 保険金額を決める際に遺族年金を考慮していない
  • 保険金額を決める際に死亡退職金を考慮していない
  • 保険金額を決める際に貯蓄を考慮していない
  • 保険加入後に住宅を購入した
  • 保険加入後に配偶者が働き始めた
  • どんな時に保険金を受け取れるかわからない特約に加入している
  • 死亡時にいくらの保険金が受け取れるかわからない
  • 保険金を受け取るときの事を考えた事が無い

一言

一番最初の契約時から将来をバッチリ計画立てて、保険に加入し、一度も契約の見直しを考えない人は中々いないだろうと思う。
それでなくても、長い人生において生活の変化は誰にでも訪れるものだと思う。
だからこそ、保険契約の見直しは慎重かつ、確実に検討しなければならない事項だ。
そして、この保険の見直しはそのまま家族計画にも直結している、だからこそ家族のある人は、自分だけでなく家族全員を対象とし保険を見直すことをお勧めしている。
一番最初の項にもあったとおり、統計では何もなくても3分の1以上の人が、今の契約に不満を抱えながら契約を継続しているのだから。
上に挙げたチェック項目に1つでも当てはまる人が入れば、保険の見直しによって余計な支出をカット出来るかもしれない。

ちなみに、この項で説明した見直しは、あくまで現在加入中の保険を変化させるものだ。
保険の見直しというと、追加か解約か、みたいな極端な見直しの仕方をする人が多いが、特に積立型の生存保険、養老保険等の場合、見直したくても今までの契約を解約するのがもったいなくて見直せず、結果複数の保険に加入せざるを得なくて余分な保険料の支払いと余分な保険に加入している人も多い。
次項では、それを解決するための制度を紹介したいと思う。
保険と貯蓄は違うのだ。余分な保険に加入し続けることほど無駄なことはない


コメントを残す