海外金融のすゝめ 3/3 —海外金融は案外身近に存在する—

海外金融がオススメだ、の最終回。
前回までに、海外金融と国内金融のざっくりとした違い、将来資産を国内金融で作れるのか?という事を書いたが、
じゃ、海外に目を向けようとしても、どうしたらいいんだよ!?
と思うかもしれないが、一応最後にそれについても述べたいと思う。

その前に言い忘れた事だが、直接関係がないかもしれないが、税金も重要なポイントだ。
日本は売買差益にも、受取配当にも税金がかかる。手数料が高い上に税金もたっぷり取られるので、相当利益が出ないとプラスにならない。
だが、香港などのオフショア地域は売買差益、受取配当に対する税金がゼロだったり、相続税とか贈与税とかも無かったりするし、法人税も低い。
そりゃ、富裕層ほど日本を離れて行くわな、と思わざるを得ない。

さて、海外投資に限らないのだが、資産形成でもっとも重要な事は、
かの有名な投資家でもあり事業家のウォーレンバフェット氏が言っているが、

  1. 絶対に損をしない事
  2. 1.の法則を決して忘れないこと

だ。

特に海外投資はとにかく安全に、そして時間を許容し、リスクをヘッジして、長期でリターンを狙う事だと思う。

おいおい、それって日本の投資雑誌でもよくいわれている事だろ、と思うかもしれないが、
日本だろうが海外だろうが、僕は資産運用に必要な概念は一緒だと思っている。
一緒だからこそ、よりリターンを狙えたり、より自分の資産全体のリスクをヘッジ出来るポートフォリオを組んだ方がいいと思う。だからこその海外直接投資なんだ。

安全性は?必要な資金は?などなど、本当に興味が出てくると色々な質問も出てくるが、ピンキリだ。
もちろん1億円程度必要な投資案件もあれば、3万円くらいから出来る物まであるし、スタンダード&プアーズの格付けでみれば、日本の金融機関よりも上の格付けの物もいくらでもある。

自分の目で耳で触れて、健全なリスクを取りながら、選択し運用する事ができれば、もっと海外金融は身近な物になると思う。

長々と書いたので纏めると、
・将来資産を作る為に利回りのいい商品の選択肢の1つとして海外金融は検討に値する物だと思う
・通貨、国についてリスクヘッジの為にも複数に投資する
・海外金融も、間接投資より直接投資の方がいい
・海外金融は安全に運用する為のスキーム構築が大切(アドバイザーなど)
・短期での利益ではなく、時間を許容しリスクをヘッジして長期で運用する事が大切
・ポートフォリオ設計も資産運用ではとても重要(いい商品でも資産の100%を投資するのは資産運用としてはアホだ)

‥6行に纏まったな。。。相変わらず文章を纏める能力が低いな、僕。

最後に、海外金融商品はもちろん日本に住んでいる人に取ってはなじみも少ないし、全員が必要性を感じる物ではないと思っている。
だからこそ、必要かもしれない、と感じる人と情報交換をしたり、一緒にスキームを組んだりしながら、僕自身も運用して行きたいと思っている。


コメントを残す