保険料の払込方法 ーお支払いは一括ですか?分割ですか?ー

では、保険契約を締結しました、となると保険会社は保障という名の責任を付加してくれる。
そして契約者はそれに見合った(保険会社が決めた金額だが)保険料を支払わなければならない。
その保険料はどのように支払えばいいのか?手段について紹介します。

1.払込期間と回数

全期払込
保険期間の全期間にわたって、保険料を払い込む方法
短期払込
保険期間より短い期間に保険料を払い込む方法

回数は月払い、半年払い、年払い及び一時払いの4種類で、契約の際にどの方法にするか契約者が決める。
前納という仕組みもあり、払込期月がきていない将来の保険料の一部または全部をあらかじめまとめて払い込む事だ。この場合、保険料は保険会社が定める利率で割り引かれる。

2.保険会社への払込方法(経路)

保険会社への払込方法は以下の5つで、契約者が自由に選択する事が出来る。

自動口座振替
保険会社の定めた銀行、信用金庫などに契約者の指定した口座がある場合に、自動的に保険料を保険会社の口座に振り替えて払い込む。振替日があらかじめ決まっていて自動だから便利だ。
団体(集団)扱
契約者の属する勤務先団体(集団)と保険会社との間に保険料の取り次ぎに関する団体(集団)取扱契約が締結されている場合に、その団体(集団)を経由して給与引き去りで払い込む。
集金
保険会社の定めた集金実施地区内に、契約者の指定した集金先がある場合に、保険会社の派遣した集金担当者に払い込む。高年齢層には優しいサービスかもしれないが、無駄が多いと思う。
振替送金
あらかじめ保険会社から届けられた振替(振込)用紙により、保険会社指定の銀行口座窓口等で払い込む。これも個人的には自動口座振替とかでいいと思うが、銀行口座を持っていない人が対象だろう。
現金持参
保険会社の本社(本店)または指定した場所に持参して払い込む。

もちろん、これらの払込方法(回数・経路)はそれぞれ途中でも変更可能だ。
更に、契約後所定の期間が経過していれば、契約したときの保険期間及び保険料払込期間は、保険会社の定めた保険期間内であれば短縮する事も可能だ。

なお、保険募集人や現金で支払いをした時(第一回保険料(充当金)及び継続保険料やその他保全サービスなど)は、必ず領収証をもらうようにしよう。

一言

と、いうことでこの項目はあまりコメントが無い。途中にコメントした通り、個人的には払込方法(経路)は自動口座振替が一番楽だしそうしているが、そう出来ない事情がある人もいるのでそれぞれの選択だろう。
回数もまとめて支払う事で割引されるが、今ある現金の価値は最も高いので、どれだけ前納してどれだけ手元に現金を残すかはそれぞれの裁量だろう。


コメントを残す