生命保険会社の収益構造と余剰金と配当金(生存給付金、祝金) ー実はお得でも何でも無い配当金ー

生命保険には、余剰金と配当金(生存給付金、祝金)という概念がある。前回も触れたがこれらは保険料から発生しており、つまり我々契約者のお金から発生しているもので、預貯金や株式配当とは概念が違う。
生命保険における収益構造から、これら余剰金と配当金について見て行きたいと思う。

1.生命保険会社の収益構造

生命保険会社の収益源は「3利源」と呼ばれる以下の3つである。

死差益
予定死亡率によって見込まれた死亡者数よりも、実際の死亡者数が少ない場合に生じる利益。健康状態が悪い人が加入して全体の死亡率を悪化させないように努力するなど企業努力の面もあるが、多くは生命表から導きだされる死亡率より高めに設定する事で徴収している。
利差益
予定利率によって見込まれた運用収入よりも、実際の運用収入が多い場合に生じる利益。より安全、確実、有利に運用する努力によって捻出されるが、基本的にはリスクも取れず、国債等を中心とした運用の為、低利回りを余儀なくされている状況だ。
費差益
予定事業費率によって見込まれた運用収入よりも、実際の事業費が少なくて住んだ場合に生じる利益。経費を少しでも切り詰める努力が必要となり、当然営業マンスタイルの会社より、インターネット通販や代理店型の会社の方が経費は少ない。

現在において、大体の生命保険会社では「利差益」は逆ざやだ。(逆ざやとは、赤字ではなく想定していた予定利率よりもマイナス、という意味
そして、それを穴埋めしているのが「死差益」というのが当たり前になっている。

2.余剰金とは

余剰金とは、「余剰金の3利源」と呼ばれる上記の3つの収益を出すべくした経営努力の末、毎年度末に生じる余りの事だ。
そもそも保険料自体が3つの予定率をもとに計算されているので、余剰金は契約者全体のものだから、当然契約者に還元されるべきものであるといえる。

相互会社の場合(相互会社についてはまた後日)、余剰金の一定割合を社員配当準備金に繰り入れ、これを財源として契約者(相互会社の場合社員と同意)に対して配当金を支払う。

余剰金を配当金として還元する保険は「有配当保険」という。そのまんまだが。
また、有配当保険の中で予定死亡率・予定事業費率については無配当用の基礎率を設定し、保険料を安くするかわりに余剰金のうち利差益のみを配当金として還元するものを利差配当付保険という。

もちろん、3つの予定率全てについて無配当用の基礎率を設定し、保険料を安くするかわりに余剰金の分配を行わない「無配当保険」が、同じ保障内容なら一番割安になるのは言うまでもない。

3.配当金(社員(契約者)配当金)の割当と支払い方法について

生命保険の配当金は先に述べた通り預貯金の利息や株式の配当とは本質的に異なる性質を持っている。
生命保険の配当金は、契約者から預かった保険料をもとに、保険会社が経営努力を払った結果生じた余剰金を、契約者に還元するものだ。
預貯金の利息は、あらかじめ約束した利率で預金者に支払われるもの。
株式の配当は、会社が事業を経営して得た利益金を株主に分配するものだ。

さて、この配当金の割当方法だが、
有配当保険の配当金は、死差益、利差益、費差益の各利源別に個々の契約に割当が決められる。利差益のみの利差配当付保険も同じだ。
金額は、保険種類、性別、契約年齢、払込方法(回数)、経過年数、保険期間、保険金額などによって異なるが、契約者側の公平は考えられている。
ちなみに、長期継続契約については、通常の配当金の他に、特別配当が割り当てられる事もある。

有配当保険には配当金の支払い時期によって、毎年配当型、3年ごと配当型、5年ごと配当型などがある。
毎年配当型の場合、普通、契約後3年目から支払われる。配当金は毎年度末の決算日に、契約してから1年を超えている契約に対して割当あてられ、原則として、その後に到来する契約応当日に支払われるからだ。
例えば、
2011年11月3日に契約しました。(1年目の払込)

2012年3月31日で年度末を迎えました。(この時、1年未満)

2012年11月3日契約後1年を経過(2年目の払込)

2013年3月31日、1年超の初めての年度末(割当確定)

2013年11月3日契約3年目の払込で初配当金
と、なります。

5年ごと配当型の場合は、5年の運用成績に応じて配当が割り当てられ、通常、契約後6年目から5年ごとに支払われる。

そして、肝心の配当金の支払い方法だが、以下の4つがある。

  • 積立(据置)方法‥配当金を契約が消滅するまで、あるいは契約者から請求があるまで、保険会社に積み立てておく方法。この場合、保険会社の定める利率により福利で運用される。一番いい気がする。
  • 保険金買増方法‥配当金を保険金の買増にあて、保険金を増額する方法。まあ、これも悪くない気もするが、単利なので増え方は小さいかな。
  • 相殺方法‥保険料から配当金を差し引く方法。
  • 現金支払い方法‥現金で配当金を支払う方法。

一言

と、いう事で余剰金とか、配当金とかなんかお得感のある話ですが、よくよく考えてみたら、元々多めに払っていた保険料を企業努力が加味されているとはいえ、手数料を引いて余ったら還元しますよ、ということだから、お得でもなんでもない。むしろ、それなりの期間、契約者側としては手元に置いておけない不自由なお金だから、現在価値を考えたら、そもそも無配当保険がいいんじゃないか?と思ってしまうのは僕だけだろうか。
もちろん「お金をもらう」という行為はうれしいので、それを体感したい人は、有配当保険でもいい気がする。
そして、僕ならもちろん無配当保険に入る。お金の現在価値を考慮した結果だ。


コメントを残す