保険料の仕組み ー仕組みを知れば保険料に”お得”はないと知るー

今回は保険料の仕組みについて見て行きたいと思う。
保険料とは我々契約者が保険会社に払い込むお金の事だ。
もちろん、我々が万が一の時に受け取る保険金の元となっているし、保険会社の経費にもなっている。
なんでああいう価格設定になっているのか、少しでも理解が深まれば保険業が見えてくる。

1.保険料の仕組み

まず、保険料の仕組みは「収支相等の原則」という法則に基づいて考えられている。
これは、契約全体として収支を考えるため、契約者個々では保険会社に払い込まれる保険料と、支払う保険金は通常同額にならないが、契約者全体が保険会社に払い込む保険料の総額と、保険会社が受取人全体に支払う保険金の総額が相等しくなるようになっている、というものだ。

例としては、以下の通り。
1000人の40歳の男性が、各々2000万円の死亡保険(保険期間1年)を契約した場合、40歳の男性の死亡率を1000分の2とすると、
支払う死亡保険金総額=2000万円×2人=4000万円
よって、この保険金総額を契約者全員で公平に負担するため、一人当たりの保険料は
4000万円/1000人=4万円
となる。
だから、保険料総額は当たり前だが、4万円×1000人=4000万円となる。

このように、保険料総額と保険金総額は契約全体で見て一定になるように計算されているのである。

しかし、実際は亡くなる人の人数なんてわからないし、先にも述べた死亡率を含めた以下の3つの予定率にもとづいて保険料は計算されている。

予定死亡率
生命表という人口統計学において作成された表があり、そこに年齢・性別ごとに死亡率が記載されており、この死亡率をもとにして将来の保険金の支払いに当てるために必要な保険料を計算している。この時計算に用いられる死亡率を予定死亡率という。
予定利率
保険会社は、保険料の一部を将来の保険金の支払いに充てるために積み立てるが、積み立てた保険料を契約者にとって有利になるように運用している。保険料は運用によって得られる収益を予定して、実はあらかじめ一定の利率で割り引かれている、この利率を予定利率という。別途記載するが低金利時代において、過剰にリスクを取る事を出来ない生命保険業界の予定利率は総じて低い傾向にある。
予定事業費率
新規契約の募集や保険料の収納、契約の保全等ようは会社を運営して行く上で必要とする経費をあらかじめ保険料に組み入れていて、この割合を予定事業費率という。いわゆる普通の会社でいう販管費みたいなものだ。

よって、保険料の内訳は簡単に書くと以下の通りとなる。
保険料の内訳

  • 保険料‥契約者が払い込むお金
  • 付加保険料‥保険事業を維持・管理するための費用で予定事業費率を基礎として計算する
  • 純保険料‥将来の保険金支払いの財源となる部分で予定死亡率、予定利率を基礎として計算している
  • 死亡保険料‥死亡保険金支払いの財源となる部分
  • 生存保険料‥満期保険金支払いの財源となる部分

また、将来の保険金などを支払うために、保険料の中から積み立てているものを「責任準備金」という。
責任準備金は、預貯金などとは異なり、契約者全体の共有の準備財産なのだ。

平準保険料方式

保険料は契約期間中は基本的に保険料は上がらない契約になっている。
しかし、普通に考えれば年を取るごとに死亡や病気になる確率は上がるので、それは死亡率の上昇を意味するので、本来であれば保険料は毎年上がっていくものになる。しかし、保険料負担を平準化するために、若いうちに実際の死亡率よりも多めに支払い、年を取ってからは少なめに払うというこの方式が取られている。

つまり、若いうちに余分に支払っており、保険会社はその余計な分を多めに積立て(責任準備金)、運用して将来の支払いに備えていることになる。

保険料の割引

保険料の「セール」や「割引」といった、一時的なお得なサービスについて聞いた事はあるだろうか?
衣料品はもちろん、日用品、食品、そして金融商品でもローン等は一時的に割引等のサービスが行われている。
しかし、保険商品については、これらの「セール」や「割引」を行う事を法律で禁じている。
だから、ある期間に加入すれば割引があったり、特別ボーナスがあったりしてお得だ、などという期間は存在せず、予定死亡率、予定利率、予定事業率が一定のうちは、いつ保険に加入しても同じなのだ。
後に説明する、「ボーナス」も、結局は自分が払い込んだ保険料が、手数料をひかれて返ってくるに過ぎない。
保険に「お得感」を求めるのはお門違いなのだ。

一言

と、いう事で、この保険料の仕組みを理解すると、それぞれの保険会社が提供している保険の保険料の違いがわかるようになってくる。
もちろん、保障内容が違うから、という事もあるのだが、それぞれの保険会社が予定死亡率、予定利率、予定事業費率をどう予測しているか?なのだ。
予定死亡率は低く、予定利率は高く、予定事業費率は低く見積もるに越した事は無いが、度が過ぎると予想が大幅にズレてそのせいで会社が潰れて保障が受けれなくなっては意味が無い。
逆に、この低金利の時代では、予定利率を高くする事が出来ず、つまりは高い事業費率(経費)と過去の高い約束利回りを補填するため、死亡率を高くすることでその他の逆ざやを生める傾向が強い。
このあたりは、単純に利益を追求する普通の会社と、生命保険という公的なニュアンスの商品を扱う保険会社の違いといえるだが、同年代の公平性はあっても、世代間格差はあるのが実態だ。
もちろん保険料は安く、保険金はきっちり、がいいに決まっている。


コメントを残す